人間関係で退職・転職を考えた介護福祉士が取るべき行動

介護福祉士転職人間関係

介護福祉士が転職を考える理由には、「給与が安い」「仕事が忙しい」など、さまざまなものが挙げられます。その中でも、「人間関係の悪化」がきっかけとなって退職・転職する人も少なくありません。
確かに、職場の人間関係が悪くなると仕事がしにくくなり、毎日出勤するのが嫌になります。
特に上司との人間関係に問題が生じると、仕事に関して相談したいことがあっても話しにくくなるため、仕事がスムーズに行えないようになります。その結果、さらに出勤することが憂鬱になり、退職・転職を考えることになります。
ただ、退職・転職は、非常にあなた自身に対する負担が大きいものである上に、「今後の転職活動に悪影響を与える可能性がある」というリスクがあります。
そうしたことを避けるためにも、職場の人間関係で悩んだ際の対処法を理解しておくことが大切です。そうすることで、人間関係が悪化しても、退職・転職せずに働き続けることができるようになります。
そこで今回は、「人間関係で退職・転職を考えた介護福祉士が取るべき行動」について解説します。

退職・転職を考え直す

介護福祉士の中には、人間関係が悪化すると、すぐに退職・転職を行う人もいます。そうした人たちの中には、職場を変えるだけの人もいますし、介護職自体を辞める人もいます。
確かに、人間関係の悪化があなたに与える影響は大きなものです。
例えば、人間関係の悪化が大きな精神的ストレスとなって「うつ状態」になる人もいます。そうなると、仕事どころではありません。また、仕事内容に関して同僚や上司に相談しにくくなって、仕事が上手くいかなくなる人もいます。
ただそうはいっても、職場の人間関係が悪化したからといって、すぐに退職・転職という行動を起こすのは避けるべきです。
その理由には、「転職活動によって生じる負担」と「転職先における人間関係の問題」という2つの問題が挙げられます。

転職活動によって生じる負担

転職を行う際には、あなたが想像している以上に負担が生じます。
例えば、転職をする際には、当然ながら働いている職場を退職しなければいけません。そのため、退職する時期を考えたり、退職に伴う業務の引継ぎなどを行ったりする必要があります。
そして、そうした退職に必要なことに加えて、転職先の探索や施設見学、面接などの転職活動を平行して行わなければいけません
このように、転職をする場合には、非常に大きな負担がかかることを理解しておく必要があります。

転職先における人間関係の問題

人間関係の悪化が原因で転職を考えて、無事に新しい職場への転職が決まったとしても、必ずといっていいほど人間関係の問題は出てきます
例えば、どれだけ良いスタッフが揃っている職場であっても、転職先ではまた1から人間関係を作っていかなければいけません。また、転職先が「前職場以上に人間関係に問題があるところ」である可能性もあります。
このように、人間関係の悪化が原因で転職しても、次の職場でも人間関係の問題が起こる可能性が高いことを認識しておく必要があります
以上に述べたように、転職を行うことは、さまざまなリスクを伴うことになります。そのため、職場の人間関係が悪化しても容易に転職を考えることは避けるべきだといえます。そして、そうした際には、あなたが心を許せる人間に相談するようにしましょう。
特に、同じ職場でそういう人がいれば、あなたの現状をよく理解して適切なアドバイスがもらえる可能性があります。また、そうでなくても家族や友人などに相談することで、客観的な意見をもらうこともできます。
そのように人間関係で悩んだ際に、最もよくないのは1人で考え込むことです。
そのため、まずは相談できる相手を見つけることが大切です。そして、話を聞いてもらうだけでも退職・転職を考え直すきっかけになるはずです。

それでも転職する

職場において人間関係が悪化して転職を考えても、「転職活動によって生じる負担」や「転職先で人間関係の問題が起こるリスク」を考慮すると、できる限り転職は避けるべきだといえます。
ただ、それでも退職・転職することを決めた場合には、慎重に転職活動を行わなければいけません。
既に述べたように、転職先の選択を間違うと、新しい職場において今以上に人間関係で悩まされることになりかねません。その結果、また再転職を考えることになります。
そうしたことを避けるためにも、転職先の選択は慎重に行うことが大切です
ただ、転職先の人間関係は、求人情報やHPなどからではわかりません。また、例え職場を見学にいっても、表面上の雰囲気しかわからないため、実際の人間関係について読み取ることは困難です。
そうした場合には、「知人を頼る」「転職サイトを活用する」という2つの行動を取ることで、転職先の選択で失敗しにくくなります。

知人を頼る

職場の人間関係といったような内部事情は、実際に働いている人に聞くのが一番です。
そのため、まずは「あなたの知人で転職したいと考えている職場で働いている人がいないか?」もしくは「転職希望先の職員を知っているという友人がいないか?」を考えるようにしてください。
そして、そうした人が見つかれば、その人に職場の人間関係を聞くことで、より確実な情報を得ることができます。

転職サイトを活用する

転職希望先の人間関係を知るために、知人を頼ることは有効な手段だといえます。ただ、そうした情報を持っている人が見つからない場合には、介護職者専門の転職サイトを活用することもお勧めします。
転職サイトに登録すると、担当のアドバイザーが付きます。そして、そうしたアドバイザーは、今まで多くの介護職員の転職を支援してきた転職のプロです。
介護職専門の転職サイトにおけるアドバイザーには、人間関係で悩んだ人の転職を支援した経験がある人は少なくありません。そのため、あなたの悩みに対しても適切なアドバイスがもらえます。
また、転職サイトのアドバイザー同士のつながりから、さまざまな職場の内部事情についても詳しい情報を持っていることが少なくありません。そうしたことから、転職サイトを活用すると、人間関係が良好な職場の求人情報を紹介してもらえる可能性が高いです。
このように、介護職者専門の転職サイトに登録することで、転職先の人間関係での失敗を避けることができます。
今回述べたように、人間関係で悩んだ場合でも、さまざまなリスクを考慮すると、すぐに転職を行うことは避けるべきだといえます。ただ、それでも転職を行うときには、「知人に頼る」「転職サイトを活用する」という2つの手段が有効です。
そうすることで、人間関係の良好な職場への転職を成功させることができます。


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2~3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。

おススメの転職サイトの特徴


派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト