介護職が活用すべき転職サイトのサービスやメリット・デメリット

介護転職サイト

介護士や介護福祉士、ケアマネージャー(ケアマネ)、精神保健福祉士、社会福祉士などの介護職者の中には、ハローワークやインタネット上の求人サイトを使って転職活動を行う人が多いです。
しかし実際には、こうした「求人紹介サービス」ではなく「転職支援サービス」である「転職サイト」を活用した方が、効率的に良い求人を見つけることができます。転職サイトとは、担当のアドバイザーが付いて転職活動全般を支援してくれるサービスです。
例えば、求人の探索はもちろんのこと、履歴書の添削や面接同行、退職活動に対するアドバイスなど、転職に関わる全ての活動をサポートしてくれます。
そのため、介護職者が転職する際には、こうした転職サイトを使った方が、転職活動の手間が省けるだけでなく転職で成功しやすくなるのです。
ただ、介護職者には転職サイトの実態について知らない人がほとんどです。転職サイトを利用するのであれば、転職サイトについて理解しておいた方が、より転職サイトを有効に活用できるようになります。
そこで今回は「介護職が活用すべき転職サイトのサービスやメリット・デメリット」

転職サイトとは

転職サイトとは、無料で利用できる転職支援サービスです。担当のアドバイザーが付いて、あなたの転職活動全般をサポートしてくれます。

転職サイトと求人サイトの違い

転職サイトについて説明する中で多くの人が疑問に思うことは「転職サイトと求人サイトは何が違うのか?」ということです。転職サイトと求人サイトの主な違いは「アドバイザーの有無」と「非公開求人の有無」の2点にあります。
 ・アドバイザーの有無
求人サイトとは、求人情報の紹介のみ行っているサイトです。インターネット上で、地域名や資格名などの条件を入力して、あなたが希望する条件の求人を探すことができます。そして気に入った求人があれば、求人サイトを介して掲載先に応募するのです。
求人サイトを使って転職活動をする場合、求人の探索から応募、面接、採用選考後の対応など、全てあなた自身が行わなければいけません。
それに対して転職サイトは、アドバイザーが仲介に入って、さまざまな転職活動を代行してくれるのです。
例えば、求人の探索に関しては、最初の面接であなたの希望を伝えておけば、アドバイザーがあなたの要望に沿った求人を探して紹介してくれます。つまり、あなたはわざわざ求人を検索する必要がないのです。
また、履歴書や面接などの採用選考に対する添削・アドバイスなども行ってくれます。
さらに、面接の日程調整や給料などの条件面に対する交渉も代行してくれるのです。そのため、普通では直接企業に言いにくいようなことも、アドバイザーを介することで遠慮することなく伝えられます。
このように、アドバイザーが仲介してくれるか否かは、求人サイトと転職サイトの大きな違いだといえます。
 ・非公開求人の有無
さらに、転職サイトはハローワークや求人サイトなどには掲載されていないような「非公開求人」を抱えています。非公開求人とは、一般的に紹介されていない求人であり、転職サイトに登録してはじめて知ることができる求人です。
企業が非公開求人を利用する理由は、主に「(企業側が)希望する条件に合った人材に絞って採用選考を実施したいと考えている」ということにあります。
採用選考は、履歴書や面接など、企業側にとっても非常に時間・労力がかかるものです。まずは、応募者を募るために求人情報を掲載しなければいけません。求人情報を掲載する際には、掲載先に掲載料を支払わなければいけない場合も少なくありまんせん。
また、送られてきた履歴書の内容を確認して応募者に通知して、書類選考を通った人に対しては面接選考を実施しなければいけないのです。
そして、こうしたコストは応募者の採用・不採用に関わらず必要になります。そのため、そもそも企業が望んでいないような人材からの応募があると、その分だけ無駄なコストがかかることになるのです。
例えば、若手を採用したいと考えて求人を出したにも関わらずベテランの人が応募してきたとします。当然、企業が望んでいる人材ではないため不採用となりますが、不採用にするまでの時間と労力が無駄となります。
その一方で、転職サイトに対して非公開求人として出していれば、アドバイザーに企業側の希望に合った応募者だけを紹介してもらうことができるのです。つまり、アドバイザーが、企業の要望にマッチした求人を厳選してくれます
そうなると、企業側は(企業が)希望する条件に合った人材のみ紹介してもらえるため、無駄な採用コストを減らすことができるようになるのです。
こうした理由から、企業は非公開求人を利用しているのです。
そして、非公開求人には「高収入」や「年間休日120日以上」などの好条件求人が多い傾向にあります。
転職サイトを利用することで、こうした非公開求人を手に入れることができるのです。

転職サイトで受けられるサービス

それでは、介護職者が転職サイトに登録すると、どのようなサービスを受けることができるのでしょうか。ここからは、転職サイトが提供しているサービス内容について紹介します。

求人探索・紹介

転職サイトに登録すると、まず初めにアドバイザーとの面接があります。アドバイザーとの面接では、あなたの希望する条件などを聴取されるのです。そして、アドバイザーは面接内容を元に、あなたの希望に合った求人を探して紹介してくれます。

履歴書、面接対策

転職サイトのアドバイザーは、これまでにも何人もの転職者を支援してきた転職のプロです。その経験や知識を生かして、履歴書や面接に対するアドバイスをしてもらうことができます。
例えば、履歴書に書く志望動機や面接における応対のポイントなどを指導してもらえるだけでなく、履歴書の添削なども行ってくれるのです。
このように、転職活動時に介護職者がもちやすい悩みに対して、アドバイザーから助言をしてもらえます。

面接の日程調整

履歴書による書類選考に通った後は、面接を受けることになります。そして面接をする際には、あなたと応募先で面接日の日程を調整しなければいけないのです。
転職サイトを利用していれば、あなたの希望する日時をアドバイザーに伝えておくことで、アドバイザーが企業と面接の日程を調整してくれます。

見学、面接同行

また転職活動においては、応募する前に施設見学を行うことが重要です。実際に見学をすれば、よりリアルな現場の雰囲気を感じることができます。ただ、介護職者の中には「施設見学は緊張するからできればしたくない……」と考えている人も少なくありません。
そうした際に、転職サイトを利用していれば、アドバイザーが施設見学に同行してくれます。
そして、事前に知りたいことや質問したいことをアドバイザーに伝えておけば、あなたの代わりにアドバイザーが聞いてくれるのです。そのため、さらに、見学だけでなく面接同行をしてくれる転職サイトも存在します。
そのため、過剰に緊張することなく施設見学や面接に望むことができるのです。

条件交渉代行

転職をする時には、転職先に対して給料面や休み、労働時間など、さまざまな条件を求めるはずです。ただ、なかなか希望する条件に合った職場を見つけることは難しいのが現状です。
また「あとちょっと給料が良ければ応募するのに……」といったケースもあります。そうした際に、交渉に自身があれば、企業側に掛け合うことであなたの希望する要件を飲んでくれるように説得することも可能です。
しかし、ほとんどの人は遠慮して交渉することができない上に交渉にも慣れていないため、上手く説得することができません。
そうした際に転職サイトを利用していれば、アドバイザーがあなたの代わりに条件交渉を行ってくれるのです。経験豊富なアドバイザーが交渉してくれれば、企業側に対してあなたの希望が通りやすくなります。

断り電話の代行

転職活動を行っている中で、見学や面接を受けた後に「やっぱり想像と違ったから就職を断りたい……」と考える場合もあります。ただ、見学や面接をした後に企業側に断りの電話をすることに対して気が引ける人は少なくありません。
その際にも、転職サイトに登録していれば、アドバイザーが代行して断りの連絡を入れてくれるのです。

退職活動に対するアドバイス

さらに、転職サイトのアドバイザーは、転職活動だけでなく退職活動に関してもアドバイスをしてくれます。
例えば「上司からの引止めに合っている」「いつ退職届を出せば良いのかわからない」「退職届と退職願届けのどちらを出せばいいのかわからない」といった悩みを抱えている人は多いです。
転職サイトのアドバイザーは、こうした退職活動における悩みに対しても適切なアドバイスをくれます。
このように、介護職者が転職サイトを利用すると、さまざまなサービスを無料で受けることができるのです。

転職サイトを活用するメリット

ここまで述べたように、介護職者が転職サイトに登録すると、転職活動に関するさまざまな支援を受けることができます。そこで、こうした転職サイトのサービスを利用するメリットについてまとめます。

転職活動の手間が減る

転職サイトを活用して得られる一番のメリットは「転職活動の手間が減る」ということです。アドバイザーが転職活動に関わる作業を代行してくれるため、あなた自身がやるべきことは非常に少なくなります。
例えば、求人の探索は非常に面倒な作業です。転職活動時は、業務の引継ぎなどの退職活動も平行して行わなければいけないため、とても忙しいです。そうした中で、休憩時間や休みの日を使って求人を探すのは、想像以上に負担がかかります。
それが、転職サイトを利用していれば、あなたはアドバイザーに希望する条件を伝えるだけで良いのです。
また、履歴書の書き方や面接のポイントなども、あなた自身で調べたり勉強したりするのは非常に大変です。その際にも、転職サイトのアドバイザーを頼ることで、すぐに的確なアドバイスをもらうことができます。
このように、アドバイザーを活用することで転職活動の手間が省けることは、転職サイトを利用する一番のメリットです。

ミスマッチが起こりにくい

転職時に最も避けたいことの一つに「ミスマッチ」が挙げられます。ミスマッチとは、転職後に「想像していたのと違った」「事前に伝えられた条件と違った」といったように「実際に働いてみると想像した職場とは違った」といった状況です。
ミスマッチが起こってしまうと、せっかく苦労して転職したのに、また再転職を考えることになります
そして、短期間での再転職はあなたにとって負担がかかるだけでなく、今後の転職活動にもマイナスとなるのです。履歴書に短期間(特に3年以内)の転職暦があると、それだけで採用担当者からマイナス評価を受ける可能性があります。
介護施設の中には、短期間での転職暦が続いているだけで不採用にするところも存在するのです。
そうした中で転職サイトを利用していれば、アドバイザーがあなたの希望に合った施設を中心に紹介してくれるため、ミスマッチが起こりにくくなります。
このように、ミスマッチが起こりにくくなることは、転職サイトを利用することで得られる大きなメリットです。

好条件求人が見つかりやすい

既に述べたように、転職サイトには「非公開求人」をたくさん抱えているところが少なくありません。そして、非公開求人には好条件の求人が多いのです。
例えば、「年収400万円以上」「年間休日120日以上」「土日祝日休み」といった好条件の求人は、ハローワークや求人サイトではなかなか見つかりません。それは、こうした好条件求人が非公開求人として扱われているためです。
当然ながら、非公開求人は転職サイトに登録していなければ紹介してもらうことができません。非公開求人のほとんどは、企業側も転職サイト側に対して応募の条件を提示しています。そのため、転職サイト側が非公開求人を紹介する応募者を厳選するのです。
このように、非公開求人を紹介してもらえることも転職サイトを利用するメリットだといえます。

転職サイトを利用するデメリット

介護職者は転職サイトを利用することで、さまざまなメリットを得られます。ただ、当然ながら転職サイトに登録することには、メリットだけでなくデメリットもあります。
例えば、いくら転職活動の手間が省けるといっても、アドバイザーとの電話やメールのやり取りは欠かせません。そのため、そうしたアドバイザーとの連絡が面倒だと感じる人は少なからずいます。
また、転職サイトのアドバイザーと合わずに、転職活動が上手く進まないような人がいるのも事実です。
このように、デメリットではありませんが、転職サイトを利用することで逆に手間がかかったり、転職活動がスムーズにいかなかったりする人もいます。
今回述べたように、転職サイトとは、介護職者が無料で利用できる転職支援サービスです。求人の探索や紹介から、履歴書・面接対策など、転職に関わる活動をトータルでサポートしてもらえます。
確かに、アドバイザーと連絡することは面倒ですし、アドバイザーと合わないこともあります。ただ、転職サイトを利用することは、得られるメリットと比べてデメリットが非常に小さいため、活用することをお勧めします。
ぜひ転職サイトを有効に活用して、転職活動を成功させるようにしましょう。


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2~3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。

おススメの転職サイトの特徴


派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト