介護職者が転職サイトを上手く利用する方法

介護士や介護福祉士、ケアマネージャー(ケアマネ)、精神保健福祉士、社会福祉士などの介護職者が転職する際には、転職サイトを利用することで、効率的かつ最適な転職先を見つけることができるようになります。
そして、転職を成功させるためには、転職サイトを上手く活用しなければいけません。例えば、1社しか登録しなかったり、アドバイザーに遠慮して希望を伝えなかったりすると、たとえ転職サイトに登録しても、転職で失敗する可能性は高いです。
そうしたことを避けるためにも、転職サイトを有効に活用する方法を理解しておくことが大切になります。
そこで今回は、介護職者が転職サイトを使う際に気をつけるべきことについて解説します。

複数社への登録が必須

介護職者が利用できる転職サイトはたくさんあるため、その中から登録する転職サイトを厳選することは難しいです。また、「複数登録するとアドバイザーとのやり取りが大変だろう」と考える人も少なくありません。
こうした理由から、適当に選んだ転職支援会社1社だけに登録する人は多いです。
しかし、転職サイトを活用して転職を成功させるためには、1社ではなく複数の転職支援会社に登録すべきです。以下に、複数社に登録すべき理由を記します。

比較できる

転職サイトを複数登録しておくことで、各会社を比較することができます。一言で転職サイトといっても、それぞれで特徴が異なるため、紹介してもらえる求人も違います。
例えば、転職サイトの中には、高収入の求人案件に特化した会社もありますし、そうではなく定着率にこだわっているところもあります。そうなると、当然ながらそれぞれが紹介する転職先の特徴は違ってきます。
そのため、複数の転職サイトに登録しておくことで、さまざまな種類の求人を比較することができます。
また、転職サイトによって受けられるサービスの内容も異なります。例えば、アドバイザーが病院や施設と条件を交渉してくれるような会社もあれば、そうしたサービスを行っていないところもあります。他にも、履歴書の添削を行ってくれる会社もあります。
1社だけでなく複数社に登録しておくことで、こうした各サイトごとの違いを比較することができるため、よりあなたに合った求人が見つかりやすくなります。
ただ、あまりにも比較する数が多すぎると、逆に迷いによって転職先を選択できなる可能性があります。また、たくさんのアドバイザーとやり取りをするのは大変です。そのため、転職サイトは2~3社へ登録するようにしましょう
2~3社であれば、選択肢も多すぎないため比較しやすいですし、アドバイザーとの連絡もそこまで負担になりません。

アドバイザーの頑張りが変わる

1社しか登録していないと、仕事をサボるアドバイザーがいます。当然、そのような人ばかりではありませんが、どのようなアドバイザーであっても、複数社に登録しておいた方が積極的に転職先を紹介してくれます。
それは、1社しか登録していなければ、急いで求人を紹介しなくても、他の会社の紹介で転職することがないためです。
その一方で、複数社登録しているとなると、自分の会社の紹介で転職してもらうために、少しでも早く良い求人を紹介しようと頑張ります。何においてもそうですが、競争者がいた方が、人間はより力を発揮するようになります
こうしたことから、複数社の転職サイトを利用することで、担当のアドバイザーのやる気を高めることができます。

担当者と合わないことがある

転職サイトを利用する人の中には、「担当のアドバイザーと合わなかった……」といった理由で、転職サイトを上手く活用できずに転職で失敗する人は少なくありません。
例えば、「アドバイザーに傷つくようなことを言われた」「アドバイザーの態度が悪かった」といったことは、転職サイトを利用する中で起こりえる問題です。
そうした際に、1社しか登録していなければ、その転職サイトの利用を諦めるか、担当者の変更を依頼しなければいけません。基本的に担当のアドバイザーを変えてもらうことはできますが、「変更を依頼するのが気まずい」と感じる人は多いです。
このとき、複数の転職サイトに登録しておけば、そうした悩みを抱えることなく転職活動を進めることができます。複数のサイトを使っている人は、担当者が合わないと感じたときには、他のサイトを活用すれば良いだけです。
このように、複数者の転職サイトに登録しておくことで「担当者と合わないために転職活動が進まない……」という問題に悩まされることがなくなります。

適した転職サイトへ登録することが必須

介護職者が利用する転職サイトには、転職支援の対象が制限されている場合があります。
例えば、対象地域が限られていたり、資格所有者だけが転職支援の対象となっていたりする会社は多いです。そして、その転職サイトが挙げている条件を満たしていない人が登録しても、求人を紹介してもらうことはできません
実際に、転職サイトに登録したのはいいものの「地域や資格条件が対象外で求人を紹介してもらえなかった」という人は少なくありません。
また、転職サイトにはそれぞれに特徴があります。
具体的には、「派遣に特化したサイト」や「高収入の求人案件を多く扱っているサイト」「転職後の定着率が高い求人しか紹介しないサイト」など、各転職サイトによって特徴が異なります。
当然ながら、あなたが望んでいる条件に特化した転職サイトであるほど、転職で成功する可能性は高くなります
例えば、あなたが収入面の条件を一番優先するのであれば、高収入の求人案件を多く扱っている転職サイトを利用すべきです。また、人間関係トラブルなどで転職を繰り返しているような人であれば、定着率が高い求人を紹介してくれる転職サイトを使った方が良いでしょう。
このように、転職サイトを利用して転職を成功させるためには、あなたに適した転職サイトへ登録することが必須になります。

アドバイザーを有効に活用する

既に述べたように、転職サイトを利用した人の中には、担当のアドバイザーと上手くコミュニケーションが取れなかったことが原因で転職で失敗した人も少なくありません。そのため、転職サイトを上手く活用して転職を成功させるためには、アドバイザーとの相性が重要です。

信頼できるアドバイザーに担当してもらう

実際に、転職サイトを利用する人の中には、アドバイザーに対して不信感を持っている人もいるはずです。
例えば、アドバイザーに対して「何となく信用できないから、本音で希望を伝えられない」「態度や言動がなんとなく気に障る」といったような印象を持っているのであれば、そのアドバイザーとは相性が良くない可能性が高いです。
そのように、アドバイザーとの相性が悪いと感じた際には、まずはアドバイザーの変更を依頼するようにしましょう
転職サイトを利用する上で、アドバイザーを変えてもらうことは普通です。アドバイザー本人に直接変更をお願いしてもいいですし、それが気まずいのであれば間接的に会社へ依頼しましょう。
担当のアドバイザーとの相性は、転職サイトで転職を成功させる鍵を握っているといっても過言ではありません。そのため、担当者選びだけは妥協しないようにしてください。あなたが「信頼できる」と感じるアドバイザーに当たるまでは、何度も変更を依頼するようにしましょう。
ただ、そうしたアドバイザーの変更を依頼することが難しいと感じる人は、他の転職サイトを利用するようにしてください
また、既に述べたように、そもそもそうした事態を予測した上で、最初から2~3社に登録しておくことが大切です。そうすれば、もしある転職サイトのアドバイザーと相性が合わないと感じても、他の転職サイトをメインで活用するようにすることで、スムーズに転職活動を続けることができます。

希望は本音を伝える

担当のアドバイザーからは、直接もしくは電話にてヒアリングが行われます。ヒアリングとは、あなたが希望する勤務地域や条件などを、アドバイザーが聴取するものです。
アドバイザーは、ヒアリングで聞いた内容を元に、あなたの希望に合った求人を探して紹介してくれます。そのため、このときに遠慮して本音で希望を伝えていなければ、あなたが望むような条件の求人と出会う可能性は低くなります
例えば、あなたが本音では年収350万円以上の職場を希望していたとします。ただ、アドバイザーに対して遠慮してしまい「年収が320万円を超えるような職場であればいいです」と言ってしまうと、アドバイザーはその条件を元に求人を探します。その結果、本音の条件を満たしていないような求人ばかりを紹介されることになります。
そうしたことを避けるためにも、アドバイザーには本音で話をするようにしましょう。
当然ながら、本音で話してその条件を満たす求人が無いときには紹介してもらえません。ただ、妥協した条件を述べて、希望と合わないような求人を紹介してもらうよりはマシです。
こうしたことからも、アドバイザーとは最初から本音で話をするようにしましょう。

こまめに連絡を取る

アドバイザーとは、ヒアリングを行った後も、こまめに連絡を取るようにすることが大切です。
転職サイトを利用している人の中には、「最初に連絡を取った後は、アドバイザーから求人が紹介されるまで待っている」という人もいます。しかし、アドバイザーからたくさんの求人を紹介してもらいといと思っているのであれば、あなたから積極的に連絡するようにしましょう。
アドバイザーの仕事は、転職希望者を病院や施設へ紹介ことであるため、担当した転職希望者の転職が多く決まるほど、転職支援会社内でのアドバイザーの評価は高くなります。
そのため、アドバイザーは必然的に積極的で反応が良く、行動力が高い人に優先して求人を紹介します。そうした方が、どんどん転職が決まり、アドバイザー自身の評価も高くなるためです。
こうしたことから、アドバイザーにはこまめに連絡を取ることが大切です。
また、連絡はできるだけ電話で行うようにしましょう。メールだと、いくら頻回に連絡してもアドバイザーから紹介してもらう優先順位は高くなりません。特に、最初のヒアリングは、必ず直接会って面談をするか電話で行ってください。
文章だけでは。あなたの気持ちを伝えることは難しいです。既に述べたように、転職サイトを利用した転職で成功するためには、アドバイザーとの相性が良いことが必須であり、アドバイザーにあなたのことを知ってもらうことが大切です。
そのため、基本的には電話で連絡を取って、あなたの真意がアドバイザーに伝わるようにしましょう、
今回述べたように、介護職者が転職サイトを上手く使って転職を成功させるためには、「複数者登録する」「自分に合ったサイトに登録する」「アドバイザーを有効に活用する」という3つのポイントを押さえておくことが重要です。
これらのことを理解して実践することで、転職サイトを有効に活用することができ、転職を成功させることができるようになります。
→ おススメの転職サイトにおける特徴


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2~3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。

おススメの転職サイトの特徴


派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト