離職率の低い職場へ介護福祉士が転職すべき理由:介護求人・転職

介護福祉士離職率低い

介護福祉士は、転職回数が多くなりがちな職種です。介護福祉士が働く職場は、全体的に給料が安い上に仕事がハードである傾向にあるため、1つの職場で長く働き続ける人が少ないです。
確かに、介護福祉士の仕事はハードであり、中には忙しすぎて体調を崩す人もいます。そして、そうした状態になる前に職場を変えることは、自分自身を守るために有効な手段の1つだといえます。
ただ、あまりに転職を繰り返すことは、あなた自身の今後に悪影響を与えることになるため、避けるべきだといえます。
そしてそのため、転職する際には、できる限り「離職率の低い職場」へ転職することが大切です。離職率が低い職場は基本的に職場環境が良く、転職を繰り返さずに1つの職場で働くことができるようになります。
そこで今回は、「離職率の低い職場へ介護福祉士が転職すべき理由」について解説します。

介護福祉士の転職理由

介護福祉士に限らず、転職をするには理由があります。そして、転職理由には「キャリアアップのため」「経験のため」といったようなポジティブなこともあれば、「仕事がきついから」「給料が安いから」といったようにネガティブなこともあります。
基本的に、介護福祉士をはじめとした介護職者の転職理由は、ネガティブなものであることが多いです。特に、「仕事が忙しすぎる」「賃金が安い」「責任が重い」という3つは、介護職者の転職理由としてよく挙がるものです。

仕事が忙しすぎる

介護福祉士に限らず、介護職者の仕事は、基本的にハードであることがほとんどです。
例えばデイサービスでの仕事であれば、1日中動き回っていたり、利用者の入浴介助をずっと行っていたりと、基本的にゆっくりしている時間はありません。
その上、レクリエーションや季節ごとのイベントの企画などを行わなければいけません。当然、業務中に準備する時間はないため、残業したり、わずかな昼休みの時間を削ったりする必要があります。
このように、介護福祉士をはじめとする介護職者の仕事は、仕事自体がハードな上に残業が多くなりがちであるため、それを理由に転職する人が少なくありません。

賃金が安い

介護福祉士をはじめとする介護職者は、全体的に賃金が安いです。
例えば、介護福祉士の平均年収は250~400万円だとされています。ただ、介護福祉士で年収が300万円を超えている人は多くありません。基本的には、250~300万程度になります。
このように介護福祉士は、特に家族を持っている男性であれば、1人の給料で養っていくことは非常に難しい職種だといえます。
そのため、少しでも給料が高いところを求めて、転職を考える人が少なくありません。

責任が重い

介護福祉士の仕事は、利用者の介護を行うことがメインになります。そして介護の仕事は、一般的に考えられているより責任が重い仕事です。
例えば、介護福祉士の仕事な中には、食事介助があります。特に嚥下(飲み込み)などに問題がない利用者であれば心配要りませんが、嚥下に障害がある人に対しての食事介助は十分注意しなければいけません。
食事中の姿勢や与える食べ物の形態、食べさせるタイミングなどが悪いと、利用者が誤嚥(ごえん)してしまう可能性があります。誤嚥とは、食べ物が本来通るべき食道ではなく、肺につながる気管に入ってしまうことをいいます。
そして誤嚥をしてしまうと、「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」などにつながり、最悪の場合は命に関係するような問題に発展することもあります。
このように、介護福祉士の仕事は、利用者の命に関わることが少なくありません。そうした責任の重さを感じて、介護度が低い利用者がいる施設への転職を考える人は多くいます。

離職率が低い職場へ転職すべき理由

介護福祉士が転職する際には、「仕事が忙しすぎる」「賃金が安い」「責任が重い」といったようにネガティブなであることが多いです。
ただ、一般的にもこうしたイメージが強い介護福祉士の仕事であるため、ある程度の覚悟をして職場を選んでいる人がほとんどのはずです。それでも、ネガティブな理由で転職を考える人が多いのは、転職先との「ミスマッチ」が起きていることが原因です。
ミスマッチとは、転職する前に想像していたことと、実際に転職した後に働いた現状に大きな相違があることをいいます。
例えば、「残業がなく、定時に帰宅できる職場」だと思って転職した先が、「毎日残業が当たり前」という現状であったというミスマッチは多くあります。そうしたミスマッチが起こった結果、短期間で再転職を考えるようになります。
短期間での再転職は、あなたの「履歴書に傷が残る」ことになります。
経営者の多くは、応募者の履歴書を見る際に、はじめに「転職暦」を見ます。そして、特に3年以内の転職暦がある場合には、それだけで不採用とすることが少なくありません。
そのため介護福祉士は、できるだけ短期間での転職を繰り返さないようにすることが大切だといえます。
そうした短期間での再転職を繰り返さないためには、離職率が低い職場へ転職することがポイントです。基本的に、離職率が高い職場は、「賃金が安すぎる」「毎日残業がある」「人間関係が悪い」など、複数のネガティブな要素を持っている職場である可能性が高いです。
それに対して離職率が低い職場は、何か1つのネガティブ要素があっても、それを補うようなポジティブな点があることがほとんどです。
例えば、離職率が低い職場は、「給料は安いけど残業が少なく休日も充実している」や「残業は多いけど、職場の人間関係も良く、給料もその分高い」といったようなところがほとんどです。
こうした離職率が低い職場へ転職すれば、短期間での転職の繰り返しを避けることができます。
また、転職を繰り返すことには、将来的な転職活動に影響するだけでなく、以下のようなデメリットもあります。
・生涯年収が低くなる(昇給機会が少なくなることや退職金が低くなることが関係する)
・転職に伴う身体的、精神的負担が大きい(転職活動や新しい仕事を覚えることなど)
・転職のたびに職場での人間関係を構築しなければいけない
このように介護福祉士は、さまざまな理由から、離職率が低い職場へ転職すべきだといえます。
今回述べたように、介護福祉士は転職回数が多くなりがちな職種です。そして転職が増えることは、さまざまなデメリットが生まれます。そうしたデメリットを避けるためにも、介護福祉士は、できる限り離職率が低い職場へ転職すべきだといえます。
ただ、転職時に転職先の離職率を読み取ることは非常に難しいです。求人情報やHPなどからでは、離職率はほとんどわかりません。
そうした場合、介護福祉士専門の転職サイトを活用することをお勧めします。転職サイトのアドバイザーは、介護職者における転職支援の経験が豊富であるため、離職率など介護現場の内部事情を把握していることが少なくありません。
そのため、介護職者専門の転職サイトを上手く活用することで、離職率の低い転職先へ転職できる可能性が高くなります。
転職サイトを活用して、ぜひ離職率の低い職場への転職を成功させてください。


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2~3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。

おススメの転職サイトの特徴


派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト