介護士が離職率の低い職場へ転職すべき理由と方法

介護士離職率転職

介護士に限らず、介護業界は離職率が高い職場が多くあります。そのことには、安い給料やハードな仕事環境という、介護業界の現実が大きく影響しています。
確かに、介護士は給料が安いにも関わらず、仕事は忙しい職場がほとんどです。ただ、そうだからといって転職を繰り返していると、最終的には転職先が見つからずに就職難に陥ってしまうことになりかねません。
そうしたことを避けるためにも、介護士は離職率が低い職場へ転職すべきだといえます。
そこで今回は、「介護士が離職率の低い職場へ転職すべき理由と方法」について解説します。

介護業界で離職率が高い職場

介護業界には、離職率が高い職場が多くあります。例えば、全産業の平均離職率は15パーセント前後であるといわれていますが、介護業界には離職率が30パーセントを越えるような職場が全体の20パーセント程度存在していることがわかっています。
ただ、介護業界全体の離職率は、16~18パーセント前後と、平均並であることがわかっています
このように、介護業界自体の離職率は他業界と比較して、ほとんど変わりありません。しかし、既に述べたように、介護現場には離職率が高い職場が多くあります。つまり、介護業界では、職場ごとにおける離職率の差が激しいといえます。
そのため、介護士は職場選びを慎重に行わなければ、離職率が高い職場へ転職することになりかねません。
そして、介護業界で離職率が高い職場には、大きく「スタッフ間の仲が悪い」「経営者の経営・運営方法に問題がある」「給料が安い」という3つの特徴があります。以下に、それぞれについて記します。

職場内の人間関係に問題がある

介護士に限ったことではありませんが、職場内の人間関係が原因で退職・転職を考える人は多いです。特に介護業界では、実際に転職した人の約25パーセントが、人間関係の問題を理由に挙げています。
介護の現場は、女性が半数以上を占めているところがほとんどです。そのため、女性特有の人間関係トラブルが生じやすいです
例えば、女性には仲間意識を強く持つ人が多いです。学生のときに、多くの女性がグループを作って行動しているのは、こうした女性が持つ本能が関係しています。そして、こうした特徴は、社会人になっても続きます。
具体的には、同じ仲間に入っていない人やグループの考えと違う意見を持つ人に対して冷たく当たったり、嫌がらせをしたりといったことは、よくあることです。いわゆる「イジメ」と呼ばれるものであり、女性が多い介護現場では起こりやすい人間関係トラブルです。
また、自分自身がいじめられていなくても、そうした女性独特の人間関係が嫌になる人もいます。
このように、介護現場には女性が多いため、女性特有の人間関係トラブルが生じやすいです。そして、このことが原因で退職・離職する人は少なくありません。

経営者の経営、運営方法に問題がある

介護士の中には、スタッフ間だけでなく、経営者に対する不満が理由で退職・転職する人は多いです。具体的には、介護業界で実際に転職した人の約20パーセントは、経営者や法人の理念や運営方針が原因で職場を辞めています。
介護士には、介護に対する熱い思いを持って介護業界で働いている人がたくさんいます。
例えば、「母が祖母を介護している姿を見て介護士の大切さを感じた」や「生活に困っている高齢者の役に立ちたい」といった気持ちで介護士になった人が多いです。そうした人たちは、「できるだけ利用者のためになることをしたい」と考えて仕事を行います。
ただ、介護業界は国が定める介護報酬経によって経営が大きく左右されるため、経営していくことは楽ではありません。介護事業所を継続して運営していくためには、無駄な経費を削減することが欠かせません。
そのため、介護事業を行っている経営者の中には、人件費やその他の経費などにシビアな人が多いです。
例えば、現場の人員配置を仕事が回せるギリギリの人数まで減らして人件費を削減しているところは少なくありません。そうしなければ、会社は赤字になってしまうため、仕方がないことではあります。
しかし、現場の介護士からすると、「スタッフが足りないから利用者が満足できるようなサービスを提供できない」「人が足りないから調理場や送迎などの業務を任されて、介護の仕事ができない」といった不満を抱えることになります。
このように、介護士の中には、経営者の考えや運営方法が原因で退職・転職を行う人が少なくありません。

給料が安い

介護士に限らず、介護業界は他業界と比較して給料は安い傾向にあります。
当然ながら、収入が高くないことは、介護の現場へ就職する前からわかっていることです。しかし、実際に働いてみると、想像している以上にお金が足りなかったり、結婚などによって必要なお金が増えたりして、現在の給料に不満を持つようになる人は多いです。
その結果、現職場を退職して、少しでも給料が良いところへ転職しようと考えます。実際に、「給料の安さ」は、介護職者が離職する理由のトップ5に入っています。
このように、介護士には給料に不満を抱えて離職する人も多くいます。

転職を繰り返すことで生じるデメリット

介護士に限ったことではありませんが、転職を繰り返すことには、さまざまなデメリットがあります。
例えば、転職するときには、転職先を探したり面接を受けたりと、何かと忙しくなります。そのため、あなたにとって肉体的にも精神的にも大きな負担がかかることになります。
また転職を繰り返すと、同一職場での勤続年数は少なくなります。そうなると、当然ながら基本給や賞与(ボーナス)、退職金もその分だけ安くなり、必然的に生涯で稼ぐことができる給料は減ってしまいます。
さらに、介護事業所の経営者は、他の業種における経営者以上に職員の離職に対して神経質になっています。
介護業界には、数日や数週間という短い期間で急に離職する人が多くいます。そして、そのように突然の退職者が出ると、現場が混乱して事業所の運営に支障をきたすことになります。そのため、介護事業所の経営者は、就職希望者の転職暦を気にします。
例えば、履歴書に短期間での転職暦が載っていれば、「またすぐに離職するのではないか……」と考えて、採用を見送ることになります。
こうしたことから、介護士が転職を繰り返すことは、転職をしにくくなることにつながります。さらに、最終的には転職先が見つからず、就職難で悩まされることになりかねません。
このように、介護士が転職を繰り返すことは、さまざまなデメリットが生じる可能性があります。

離職率が低い職場へ転職する方法

介護士が転職を繰り返すことには、ほとんどメリットがありません。転職時には、精神的にも肉体的にも負担がかかりますし、転職回数が増えるほど生涯年収は下がる傾向にあります。また、最悪の場合には、転職先が見つからないようになります。
そうしたことを避けるためにも、介護士は離職率が低い職場を見つけて転職することが大切です。
ただ、既に述べたように、介護業界は他業界と比較しても、離職率が高い職場がたくさんあります。そのため、転職先は慎重に選ばなければ、離職しやすい職場へ就職してしまう可能性が高いです。
そして、職場以内の人間関係や経営者の考え方などは、実際に働いてみないとわからないことがほとんどです。いくら事前に調べようとしても、大半の人は欲しい情報を得られません。
そうした際に、お勧めする転職方法として、「介護士専門の転職サイトを使った転職」が挙げられます。
転職サイトでは、アドバイザーがあなたの希望を聴取した上で、あなたに合った職場を見つけて紹介してくれます。そもそも、アドバイザーは職場環境が悪いいような転職先は紹介しません。そのため、転職サイトを使って転職すると、転職後のミスマッチは少なくなります。
また、アドバイザーは転職支援の経験が豊富な上に、介護関係のつながりを持っています。そのため、あなたが調べても見つけられなかったような情報でも、アドバイザーを頼ることで手に入れることができます。
このように、転職サイトを活用することで、離職率が低い職場への転職を成功させることができるようになります。
今回述べたように、介護士は転職回数が多くなるほど、たくさんのデメリットが生じる可能性が高くなります。そうしたことを避けるためにも、転職する際には離職率が低い職場へ転職すべきだといえます。
しかし、離職率に関する職場環境は、実際に働いてみないとわからないケースがほとんどです。ただ、そうした際でも転職サイトを活用することで、離職率が低い職場への転職を実現することができるようになります。
ぜひ転職サイトを利用して、離職率が低い職場への転職を成功させるようにしましょう。


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2~3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。

おススメの転職サイトの特徴


派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト