介護士が転職・退職する理由と対処法:介護求人・転職

介護士転職理由

介護士(ヘルパー、介護職)の中には、さまざまなことが理由で退職・転職を行う人がいます。例えば、腰痛やひざ痛などの不調や職場内における人間関係の悪化など、退職・転職を考えるきっかけは人それぞれです。
ただ、介護士に限らず、転職することにはリスクが伴います。転職すること自体があなたの負担になりますし、職場を変えても問題が解消しない可能性もあります。
そのため、たとえトラブルによって退職・転職を考えた場合でも、起こっている問題に対処して現職場で働き続けることができるのが一番です。また、もし実際に転職するとしても、転職先の選択を間違わないようにしなければいけません。
そこで今回は、「介護士が転職・退職する理由と対処法」について解説します。

介護士が転職・退職する理由

介護士は、離職率が高い職種として知られています。こうしたことが関係して、デイサービスなどの介護現場は、慢性的な人手不足の状態になっています。
そして、介護士が退職・転職する理由はさまざまです。ただ、介護士の退職・転職するきっかけとなる原因には、いくつか代表的なものが挙げられます。そこで以下に、介護士が離職する原因となりやすい「腰痛」「人間関係」「給料」の3つについて以下に記します。

腰痛(ヘルニア等)で働けなくなった

介護士の中には、「仕事を始めて腰痛が出現するようになった」という人が多くいます。ただ、一言で腰痛といっても、症状の種類や程度は人それぞれです。
例えば、「1年に1回程度ぎっくり腰を発症して1週間動けなくなる」「ヘルニアと診断されており足が痺れている」というような重度な人から、「慢性的に腰のダルさが続いている」「仕事後に少し痛くなるが翌朝には落ち着いている」といったように軽度の人まで、さまざまです。
ただ、介護士の仕事をしていて腰痛が原因で退職を余儀なくされる人は少なくありません。
特に、病院や特別養護老人ホーム(特養)など、介護度が高い人を対象にしている施設で働いている介護士には、腰痛が原因で離職する人が多いです。そうした施設では、起き上がりや移乗など、腰に負担がかかる介助を日常的に行わなければいけないため、必然的に腰痛を発症しやすくなります。
そして、腰痛がひどくなると、そうした身体介護ができなくなるため離職せざるをえなくなります。
このように、介護士の中には、腰痛が原因で介護の仕事を辞めなければいけないようになる人は多いです。

職場の人間関係が嫌になった

介護士の中には、職場の人間関係が悪化して退職・転職を考える人もいます。これは介護士に限ったことではありませんが、人間関係のトラブルで離職する人は少なくありません。
例えば、上司からのパワハラや同僚からのいじめは、離職する原因となる人間関係トラブルの代表的なものです。
そして中には、こうした人間関係の問題が強いストレスとなって、「うつ病」などを発症する人もいます。また実際に、上司のパワハラが原因で自殺してしまった介護職者もいます。
他業界と比較して、特に介護業界で人間関係トラブルが起こりやすいわけではありません。ただ、介護士の中でも、人間関係の悪化が原因で退職・離職を考える人が多くいることを知っておいてください。

給料が安くて生活ができなくなった

介護士の中で問題になりやすいことの一つに、「給料が安い」ということが挙げられます。介護士の仕事は、収入が少ない上に、ハードな職場が多いです。
例えば、介護士の給料は、地方では手取りで15万円に満たないようなところがたくさんあります。しかも、残業や夜勤を行って、それらの手当てが付いた上でこの額です。
こうしたことから、特に家庭を持つ男性は、「給料が安くて生活できなくなった」ということが理由で介護士を辞める人もいます。確かに、勤続することで昇任したり、介護福祉士やケアマネージャー(ケアマネ:介護支援専門員)などの上位資格を取得したりすることで収入を上げることもできます。
ただ、それでも介護職の給料は高くありません。そのため、見切りをつけて介護職自体を辞めたり、少しでも給料が良い職場へ転職したりする人が多くいます。
このように、介護士の中には、給料に不満を持って退職・転職する人が少なくありません。

転職・退職を考えた場合の対処法

介護士の中には、「腰痛などの不調」や「人間関係トラブル」「給料に対する不満」などが原因で職場の離職を考える人が多くいます。そうした場合の基本的な対処方法としては、主に「現職場で続ける力を身につける」「転職する」の2つが挙げられます。
そこで以下に、転職・退職を考えた場合の対処法について記します。

現職場で続ける力を身につける

介護士が退職・転職を考えた際には、まずは「どうにかして現職場で続けることができないか?」ということを検討することが重要です。
冒頭でも述べたように、転職することは、あなたの負担になるだけでなく、転職先でも同じ問題に遭遇するというリスクもあります。そのため、可能な限り現職場の離職を避けるように努力することが大切です。
例えば、腰痛が原因で退職を考えた場合には、「コルセットを使用する」「リハビリに通う」「腰に負担がかからないように介護技術を高める」といった対策を行うことで、離職せずに済むかもしれません。
また人間関係のトラブルであれば、同僚や友人、上司に相談することで、問題が解消する可能性があります。さらに、コミュニケーションスキルなどを学ぶことで、人間関係を良好に保つことができるようになるケースもあります。
そして、給料に不満がある場合には、生活費を節約する方法を学んだり、副業を行ったりすることで対処できます。
このように、介護士が退職・転職を考える原因の多くは、自分自身がスキルアップすることで解消できる問題であることが多々あります。そのため、転職によって生じるリスクを負うよりも、まずはあなた自身のスキルを磨いて、現職場で働き続けることができないかを検討することをお勧めします。
また、そのことが最終的にあなた自身を成長させることにつながることになります。

実際に転職する

介護士が退職・転職を考えたときには、まず「自分自身がスキルアップすることで問題を解消できないか」と考えることが大切です。
ただ、いくらあなた自身が成長しても、抱えている問題を解消できないケースもあります。例えば、子どもが生まれて家族が増えると、どうしても出費は大きくなります。そして、節約にも限界はありますし、副業を禁止されている職場も少なくありません。
また、いくたあなたがコミュニケーションスキルを磨いても、上司からのパワハラが無くならないこともあります。
そうした場合には、ずっと我慢し続けるのではなく、転職を考えるようにすることも一つの有効な解決手段です。転職して環境を変えることで、悩みを解消することができます。
ただ既に述べたように、転職しても「転職先で同じような問題を抱えてしまう」という可能性は十分にあります。そのため、ネガティブなことが原因で転職する場合には、特に転職先の選択は慎重に行わなければいけません。
そこで、転職で失敗しないためには、介護士専門の転職サイトを活用することをお勧めします。
転職サイトに登録すると、担当のアドバイザーが付いて、あなたの転職をサポートしてくれます。アドバイザーは、あなたの要望を聴取した上で、あなたの希望にマッチした求人だけを紹介してくれます。
アドバイザーであれば、求人サイトやハローワークの求人に掲載されている情報からは読み取ることができないようなことを把握している可能性が高いです。そのため、転職サイトを利用して転職すると、転職後のミスマッチを避けることができます。
こうしたことから、現職場に不満があって介護士が転職する場合には、転職サイトを活用するようにしましょう。
今回述べたように、介護士が転職する理由は人それぞれ異なります。ただ、どのようなことが原因であっても、対処方法は主に「現職場で働き続けられる能力を身に付ける」「転職する」という2つになります。
そして、転職する際には、介護士専門の転職サイトを活用することをお勧めします。
転職サイトを有効に利用することで、あなたの希望に合った求人を紹介してもらうことができます。そのため、転職後のミスマッチを避けることができるようになります。
現職場に不満があって転職を考えている人は、ぜひ転職サイトを活用して転職を成功させるようにしましょう。


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2~3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。

おススメの転職サイトの特徴


派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト