介護士が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由

介護士転職サイト

介護士の多くは、ハローワークや求人サイトなどを使って転職先を探します。その一方で、中には転職サイトを上手く活用して、アドバイザーに転職先を紹介してもらう人もいます。
転職する際は、どのような方法であっても問題はありません。ただ、あなたの希望に合った求人を効率的に見つけるためには、転職サイトを使うことをお勧めします。
転職サイトであれば、豊富な求人の中から、経験豊富なアドバイザーがあなたにマッチした求人を見つけて紹介してくれるため、ミスマッチが生じる可能性が低いです。また、ハローワークに通ったり、求人サイトで求人を探したりする手間がなくなります。
そこで今回は、「介護士が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由」について解説します。

転職サイトと求人サイトの違い

介護士の中には、転職サイトを使ったことがない人もいると思います。そうした人にとっては、そもそも「求人サイトと転職サイトの違い」がわからないはずです。
求人サイトとは、インターネット上で求人情報を掲載しているサイトです。基本的には、サイトへの来訪者が求人サイトに載っている求人を気に入ったら、来訪者自身で求人に申し込むことになります。
つまり、求人サイトは求人情報を提供しているだけのサイトです。求人サイトは、登録などが必要ないことが多く、誰でも簡単に利用できます。
その一方で転職サイトは、求人情報の掲載はもちろんのこと、担当のアドバザーが付いて求人を紹介してくれます。転職サイトに登録した後、アドバイザーと面接もしくは電話でのヒアリングが行われます。そこで、あなたの希望する条件などをアドバイザーに伝えます。
また、転職サイトに登録している求人先は、「40歳未満・介護経験者」といったような希望する人材の条件を提示しています。そして、アドバイザーが仲介に入り、あなたと求人先の希望をマッチしていれば紹介してくれます。
さらに、アドバイザーは履歴書の書き方や面接時のポイントなど、転職活動に関することのアドバイスも行ってくれます。
このように、求人サイトと転職サイトには明らかな違いがあることを知っておくようにしましょう。

求人サイトより転職サイトを活用すべき理由

介護士が転職する方法には、主に転職サイトと求人サイトの2つがあります。ただ、これら2つは全く違ったサービスであり、明らかに転職サイトを活用した方が効率的かつ、あなたに合った転職先を見つけることができます。
そこで以下に、介護士が転職する際に、求人サイトより転職サイトを活用すべき3つの理由について記します。

アドバイザーによるマッチング

既に述べたように、転職サイトではアドバイザーが、あなたと転職先間に入ってマッチングをしてくれます。
介護士が転職を行う際に最も避けたいことは、転職後のミスマッチです。ミスマッチが生じると、すぐに再転職をすることになる可能性があります。そして、転職を繰り返した結果、最終的に転職先の選択肢が少なくなります。
そうしたことを避けるためにも、転職する際には、あなたが希望する条件と求人先の要望が可能な限り一致していることが大切です。
例えば、あなたが土日休みを望んでいるのに、求人先が土日出勤であればミスマッチが生じます。逆に、求人先が経験者を望んでいるのに、あなたが未経験者であれば、求人側の要望を満たしていないことになります。そうなると、当然ながらお互いに不満が生じて上手くいきません。
ただ、求人サイトやハローワークを介した転職では、得られる情報が限られているため、ミスマッチが起こる可能性が高くなります。
それに対して転職サイトであれば、アドバイザーがあなたと求人先の要望をマッチした案件のみを紹介してくれます。そのため、ミスマッチが生じる可能性は低くなります。また、、詳細な労働条件や職場環境など、あなたが知りたい情報に関しても、アドバイザーを通すことで容易に手に入れることができます。
このように、アドバイザーによるマッチングサービスを活用することでミスマッチが少なくなることは、転職サイトを利用するメリットだといえます。

求人数(非公開求人)

介護士専門の転職サイトは、求人サイトやハローワークなどには掲載されていないような「非公開求人」を多く抱えています。当然ながら、転職サイトは求人サイトやハローワークに載っているような求人情報も持っています。
そのため、転職サイトを利用した方が、非公開求人の分だけ紹介してもらえる求人数は多くなります。
さらに、非公開求人は高額求人などの好条件求人であることがほとんどです。つまり、転職サイトに登録することで、より多く、そして質が高い求人を紹介してもらうことができるようになります。
そのため、転職サイトを活用すると、あなたの希望する条件に一致した求人が手に入りやすくなります。
こうした非公開求人を紹介してもらうことができるのも、介護士が転職サイトを利用するメリットの一つだといえます。

アドバイザーの転職サポート

介護士が転職サイトに登録すると、アドバイザーからあなたの希望にマッチした求人を紹介してもらうことができます。また、アドバイザーは求人案件の紹介だけではなく、その他の転職活動に関してもサポートしてくれます
例えば、履歴書の書き方や面接のポイントを指導してくれたり、施設見学に同行してくれたりする転職サイトもあります。その他にも、転職活動だけでなく、退職届の書き方や円満退職するためのポイントなど、退職に関してもアドバイスをもらうことができます。
介護士が退職や転職を行う際には、忙しい上に悩むことがたくさんあります。そうした際に、こうしたサポートを上手く活用することで、あなたにかかる負担を大きく減らすことができます。
転職サイトが行っているサポートには、以下のようなものもあります。
・面接日程の調整
・面接同行
・条件交渉(給料交渉など)
・断りの電話
このように、転職先の紹介だけでなく、さまざまなサポートをしてもらえることも、介護士が転職サイトを活用するメリットだといえます。
今回述べたように、介護士が転職する際には、主に求人サイトを使って自分で求人を探す方法と、転職サイトに登録してアドバイザーに転職先を紹介してもらう手段があります。
ただ、求人サイトよりも転職サイトを活用した方が効率的に、あなたの希望に合った求人を見つけることができます。ぜひ介護士として転職を行う際には、転職サイトを活用して転職を成功させるようにしてください。


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2~3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。

おススメの転職サイトの特徴


派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト