育休中に知りたい:ブランク明けで復帰する介護士が持つ不安

介護士育休ブランク

介護士として働く人の中には、出産に伴って育児休暇(育休)を取得する人も多くいます。ただ、育休による数年間のブランク後に、介護の現場に復帰することに対して不安を持つ人は少なくありません。
特に介護の現場では、体力が必要であるため、「仕事と育児の両立」を心配している人がたくさんいます。
また、育休で仕事を休んでいる間は、基本的に夫や子どもといった家族以外と会話をする機会が少なくなります。そのため、復帰後のスタッフや利用者とのコミュニケーションに不安を抱える人も少なくありません。
そこで今回は、「ブランク明けで復帰する介護士が持つ不安」について解説します。
他の介護士が、育休中に抱えている不安やその対処法を知ることで、あなたの心配事を解消することにつながるはずです。

育児と仕事の両立

育休後に職場復帰する介護士の多くは、家事や育児と仕事の両立に不安を抱えています。介護の現場は特に体力が必要になるため、「帰宅後に夕食を作ったり洗濯をしたりする余裕がないのではないか?」という心配を持つ人は少なくありません。
確かに、事務スタッフなどと比較すると、利用者の入浴介助や運動指導などを行う介護士は、肉体的な負担が大きな仕事だといえます。そして育休中は、基本的に育児と家事に追われるため運動不足の状態となっています。
こうしたことから、育休後に職場復帰する際に、体力面に対して不安を抱える人は多いです。
しかし実際には、介護士が育休後の職場復帰した後に、育児や家事と仕事の両立が問題となることは少ないです。育休後に現場に戻った介護士のほとんどは、大きな苦労をすることなく家庭と仕事を両立しています。
ただ、育休中に体力が落ちてしまうことは事実です。そして、休んでいる間に運動不足の状態で生活していると、仕事に慣れるまでに時間がかかります。
そうしたことを避けるためには、育休中でも無理ない範囲で身体を動かしておくようにしましょう。産後1ヶ月は安静を保っておくことが大切ですが、2ヶ月目からはストレッチやヨガなど、家の中でできる負荷の小さな運動を始めることをお勧めします。
そして、産後2~3ヶ月過ぎてきた頃には、子どもをベビーカーに乗せて散歩するようにしましょう。季節によっては日差しが強くて難しいこともありますが、この時期になると、子どもと外出することができる時間も長くなります。
そのため、寒さや暑さ、日差し対策などをしっかり行った上で、毎日30分程度の散歩を行うようにすると、あなた自身の体力を維持することにつながります。
また、そうはいってもブランク明けという状態に限らず、仕事をしながら育児や家事を行うことが大変であることには変わりありません。そのため、両親が近くにいる人は事前に協力してもらえるように相談しておくことをお勧めします。
そして、旦那さんにもできることは行ってもらうように話をしておくことが大切です。
このように、介護士が育休後に復帰する際に、育児と仕事の両立に不安を抱える人は多くいます。しかし実際には、ほとんどの介護士が問題なく職場復帰しているため、過剰な心配をする必要はありません。

スタッフや利用者とのコミュニケーション

介護士の仕事は、スタッフ間同士はもちろんのこと、利用者とのコミュニケーションが非常に重要な仕事です。
育休で仕事を休んでいるときは、人と接する機会が少なくなります。基本的に日中は子どもと2人で過ごすため、会話をすることがほとんどありません。そのため、復帰後の対人関係に不安を抱える介護士は多いです。
例えば、「利用者から質問されたときにスムーズに答えることができるだろうか?」「レクリエーションのときに上手く話すことができるだろうか?」といったことを心配する人は少なくありません。
しかし実際には、育休後に現場復帰した介護士のほとんどは、問題なく利用者やスタッフとコミュニケーションを取っています。
確かに、人と話をすることに慣れるまでに時間が必要な人もいます。ただ、産休後に復帰した介護士のほとんどは、1ヶ月もすれば利用者やスタッフと育休前と同じように接することができるようになっています
また、それでも心配だという人は、育休中に「地域の子育て支援事業」へ参加することをお勧めします。多くの都道府県や市では、子育て中の母親を支援するために、親子で参加できる体操教室や相談会などを定期的に行っています。
そうしたコミュニティーに参加することで、コミュニケーション能力を維持することができるようになります。
さらにそのような場には、あなたと同じような立場にある人たちがたくさん揃っています。そのため、お互いの悩みを相談することもでき、仕事復帰に限らず、さまざまな不安やストレスを解消することにもつながります。
こうしたことから、産後の職場復帰で対人関係に不安がある人は、子育て支援事業といったような地域のコミュニティーに参加しておくことをお勧めします。
このように、育休後のブランク明けであっても、ほとんどの介護士は利用者やスタッフと問題なくコミュニケーションを取っています。ただ、それでも心配な場合には、あなたが住んでいる地域のコミュニティーに参加するようにしましょう。
そうすることで、同じ境遇にある人たちと話ができるようになるため、人と関わることに対して不安を持つことが少なくなります。
今回述べたように、育休後に介護士として職場復帰する人は、体力面や対人関係に不安を抱えている人がたくさんいます。ただ実際には、ほとんどの人は問題なく仕事に復帰しているため、育休後のブランク明けであっても過剰に心配する必要はありません。
しかし、そうはいっても家事と仕事の両立が大変であることには変わりありません。そのため、家族への相談や簡単な運動など、職場に復帰する前に準備できることはしっかり行っておくことが大切です。
そうすることで、よりスムーズに職場復帰することができるようになります。


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2~3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。

おススメの転職サイトの特徴


派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト