デイサービスへ転職した介護福祉士が感じやすいギャップ

介護福祉士デイサービス転職

介護福祉士の中には、デイサービスへ転職する人も少なくありません。デイサービスには、短時間でリハビリに特化したような施設もあれば、レクリエーションなどを中心としたところもあります。
このように、一言でデイサービスといっても、提供しているサービスや仕事内容は職場によって異なります。
そして、介護福祉士の中には、デイサービスへ転職した際に、想像していた仕事内容と実際の業務が違ってギャップを感じる人がいます。また中には、そうしたミスマッチが原因で再転職を考える人が少なくありません。
そのため、事前にそうした介護福祉士が感じやすいギャップについて知っておくことで、転職後のミスマッチを避けることができるようになります。
そこで今回は、「デイサービスへ転職した介護福祉士が感じやすいギャップ」について解説します。

デイサービスの仕事内容

介護福祉士の転職先であるデイサービスには、施設によってさまざまなサービスを提供しているところがあります。例えば、運動器具をたくさん取り入れてリハビリに力を入れていたり、認知症のケアを重点的に行っていたりと、それぞれに特徴があります。
そして、介護福祉士の仕事内容も、当然ながらそれぞれの施設によって異なります。
例えば、1日利用者が滞在するようなデイサービスであれば、利用者の送迎から始まり、レクリエーションや体操、入浴介助、トイレ介助、食事介助など、さまざまなことを行う必要があります。
それに対して、利用時間が短時間(半日)でリハビリに特化したようなデイサービスであれば、利用者に運動器具の使い方を指導するような業務が多くなります。その一方で、レクリエーションや入浴介助、食事介助などの仕事はありません。
また、どのような施設であっても共通して行わなければいけないことは、「介護記録の記入」です。
介護福祉士は、利用者における体調の変化や、その日の様子などを書きとどめておかなければいけません。そうした記録を残しておくことで、利用者の介護保険サービスへ反映させたり、職員間で情報を共有したりすることができます。
このように、デイサービスにおける介護福祉士が行う業務にはさまざまなものがあります。

介護福祉士が感じるギャップ

介護福祉士をはじめとした介護職者の中には、「デイサービスの仕事=レクリエーション」といったようなイメージを持っている人が少なくありません。
例えば、高校で介護を専門に勉強して実習に行ったことがある人などには、デイサービスでレクリエーションの手伝いをしたことが印象深く残っている人が多くいます。そのため、デイサービスに対してそうしたイメージを持っている人が少なくありません。
しかし、実際にデイサービスで介護福祉士が行わなければいけない業務はレクリエーションだけではありません。
そして、このように「デイサービス=レクリエーション」というイメージを持っている人は、デイサービスへ転職した後に大きなギャップを感じることになります。特に、入浴介助や利用者の送迎で苦労する人が多いです。
入浴介助は、介護福祉士が行う業務の中でも、肉体的に最もハードな仕事といっていいほど大変なものです。そのため、入浴介助に負担を感じる人は少なくありません。
また利用者の送迎に関しては、特に女性で苦労する人が多いです。もともと車を運転する習慣が無い人が知らない土地で利用者の命を預かって送迎を行うことは、想像している以上にプレッシャーになります。
そして、中には利用者の送迎が負担となって職場を退職する人が少なくありません。
その他にも、介護福祉士は、想像している以上にパソコンなどを使った事務作業を多く行わなければいけません。中には、「介護の仕事をしたかったのに、事務作業が多い……」と感じて悩んでいる人も多くいます。
このように、デイサービスへ転職する場合、介護福祉士はレクリエーションだけでなく、さまざまな業務を行う必要があります。特に、入浴介助や送迎、事務作業などを行わなければいけないことに対してギャップを感じる人は少なくないため、事前にしっかりと理解しておくようにしてください。
今回述べたように、介護福祉士がデイサービスへ転職した際には、レクリエーションだけでなく、入浴介助や送迎、トイレ介助、食事介助など、さまざまなことを行う必要があります。
介護福祉士の中には、転職後にそうした仕事内容の多様さにギャップを感じる人が少なくありません。そして、そのことが原因で最終的に退職・転職を考えることになります。そうならないためにも、デイサービスへ転職する際には、しっかりと転職先で行う仕事内容を確認した上で、転職先を選択するようにすることが大切です。


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2~3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。

おススメの転職サイトの特徴


派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト