住宅手当などの福利厚生が充実した介護福祉士の求人・転職先

介護福祉士転職福利厚生

介護福祉士が転職する際に、転職先に求められやすい条件の1つとして「福利厚生が充実している」ということが挙げられます。特に、介護職者の給料は全体的に低い傾向にあるため、そうした福利厚生の内容によって、生活は大きく変わります。
そのため、介護福祉士が転職先を探す際にも、福利厚生の内容をしっかりと確認する場合がほとんどです。
ただ、そうした福利厚生が充実した職場は、そう簡単に見つかるものではありません。特に、個人経営のデイサービスなどの介護施設では、ほとんど福利厚生がないようなところもあります。
しかし、その中でも介護福祉士の転職先として、福利厚生が整っている職場はあります。転職する際には、そうした福利厚生が充実している転職先の特徴を知っておくことが大切です。
そこで今回は、「住宅手当などの福利厚生が充実した介護福祉士の求人・転職先」について解説します。

福利厚生制度とは

福利厚生制度とは、雇用側が介護福祉士に対して、基本給とは別に報酬を支払う制度です。
例えば、住宅手当や資格取得支援、健康保険などは、代表的な福利厚生です。こうした福利厚生は、社員の経済的保障を充実させることで、仕事に対するモチベーションを高めることを目的に実施されます。
その他にも、以下のような福利厚生制度があります。
・子育て支援
・社員食堂
・社員旅行
・雇用保険
・厚生年金、共済年金(*H27年10月以降、厚生年金に一元化)、企業年金
こうした福利厚生制度が充実した職場は、一見すると社員思いの「良い職場」であるように感じるかもしれません。しかし実際には、そう簡単に判断することはできません。
それは、福利厚生制度の曖昧さに理由があります。
基本的に、介護福祉士としてもらう給料は、「あなたがどれだけ組織に貢献したか?」ということを基準に決められるものです。つまり、あなたが組織に貢献した価値に対して支払われるのが給料だといえます。
その一方で、福利厚生制度で支払われる報酬は、あなたの頑張りや、出した成果に関係なく支払われます。また、福利厚生制度が適応されるかどうかの基準は、非常に曖昧であることが多いです。
そのため、福利厚生制度が充実している職場は、職員に対する評価や、成果に対する報酬が曖昧である可能性が高いです。
つまり、あなたがいくら頑張っても評価されない可能性がありますし、逆に頑張らなくても高い給料がもらえるかもしれません。
このように、一見すると福利厚生が充実した職場は、社員思いの良い職場のように感じるかもしれません。ただこのように、そうしたところは、社員に対する評価も曖昧になっている可能性が高いということを知っておいてください。

福利厚生が充実した職場の特徴

福利厚生が充実しているからといって、その職場が良い職場かというと、そうではありません。ただそうはいっても、「福利旺盛制度が充実している職場へ転職したい」と考えている人は少なくありません。
そこで、福利厚生制度が充実している職場の特徴を知ることで、より福利厚生制度が整っている転職先を見つけやすくなります。
福利厚生制度が整っている職場の特徴には、大きく分けて「母体が大きな施設」「公務員として扱われる職場」の2つがあります。

母体が大きな施設

介護福祉士が就職する職場には、個人が経営している小さなデイサービスのようなところもあれば、大きな会社が運営しているような大きな施設もあります。
当然、個人が運営している小さな職場よりも、母体が大きな会社の方が、福利厚生制度が充実している可能性が高いです。
例えば、個人が経営しているような小さなデイサービスであっても、資格取得支援などの福利厚生制度を取り入れているところは多くあります。ただ、社員旅行や社員食堂、住宅手当などの福利厚生があるところは少ないです。
一方で、母体が大きな施設であれば、住宅手当などはもちろんのこと、社員旅行や社員食堂などがあるところも少なくありません。
このように、母体が大きい施設には、比較的福利厚生制度が充実している職場が多いといえます。

公務員として扱われる職場

介護福祉士の中には、公務員として働いている人もいます。
例えば、国や県、市が運営しているような介護施設であれば、介護職員としての仕事を行います。また、そうした公的な病院であれば、看護師の助手のような仕事を行います。
こうした公務員として扱われるような職場へ転職すると、公務員に準じた待遇を受けることができます。
具体的には、住宅手当などはもちろんのこと、共済年金(*H27年10月以降、厚生年金に一元化)などの公務員特有の待遇を受けることができます。また、ボーナスや退職金なども、一般的な施設などと比較すると非常に恵まれています。
このように、介護福祉士が公務員として働くことができる職場は、基本的に福利厚生が充実しているといえます。
今回述べたように、介護福祉士が転職する際には、福利厚生が充実している職場を転職先として選択したいと考える人が少なくありません。ただ、そうした職場は数が多くないため、簡単に見つけることはできません。
そうした場合に、介護職者専門の転職サイトを活用すると、福利厚生が充実した職場が見つかりやすくなります。転職サイトに登録すると、担当のコンサルタントが、あなたの希望に合った転職先を探して紹介してくれます。
こうした転職サイトを利用して、ぜひ福利厚生が充実した転職先への転職を成功させてください。


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2~3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。

おススメの転職サイトの特徴


派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト