30代で未経験から介護転職を成功させる具体的な方法:介護求人

30代未経験介護転職

 

介護職として働いている人の中には、30代で未経験の状態から介護業界へ転職した人も少なくありません。むしろ、男性で他業界から介護業界に転職する人には、30代や40代の人が多いです。

 

また女性であっても、30代で子育てが一段落して介護職へ就職する人も少なくありません。

 

ただ、当然ながら30代から介護職へ転職する際には注意すべきこともあります。例えば、介護業界では年齢や学歴ではなく介護経験と介護資格が重要視されるため、これまでのあなたの経歴は関係なくなります。つまり、介護職へ転職する場合にはプライドを捨てなければいけないのです。

 

30代から介護職へ転職する際には、こうした注意点を押さえた上で就職・転職活動をすることが大切になります。

 

そこで今回は、「30代で未経験から介護転職を成功させる具体的な方法」について解説します。

 

30代から介護職となれるのか?

30代から介護職として働こうと考えている人の中には、「30代から介護職へ転職することは可能なのか?」という疑問を持っている人が少なくありません。結論から述べると、30代で介護職として転職することは可能です。

 

むしろ、30代からの転職であれば、他業界よりも介護業界の方が求人は見つかりやすいです。

 

無資格・未経験でも問題ない

介護施設で介護職として働くためには、特別な資格は必要ありません。当然、「介護職員初任者研修」や「介護福祉士」といった介護資格を有していた方が転職は有利ですし、行える仕事内容も多いです。

 

ただ、一般の介護職員として働くのであれば無資格・未経験であっても問題ありません

 

そのため、これまで介護業界とは全く関係ない仕事をしてきた人や、子育てで就業経験がない主婦の人でも、30代から介護職へ転職することは可能です。

 

このように無資格・未経験でも働けることは、30代で転職する人にとって、他業界よりも介護業界への転職が容易である理由の一つです。

 

職歴がなくても(ニート、フリーター)問題ない

30代というと、男性であれば20代のときにある程度のキャリアを積んでいる人もいるはずです。ただ、中には正社員として働いた経験がない人も少なくありません。つまり、20代でいわゆる「ニート」や「フリーター」という働き方をしてきた人たちなどです。

 

また、女性で出産を経験して子育てをしていた人にも、30代で職歴がない人は多いです。

 

介護職は、そうした職歴がない人でも問題なく働くことができます。むしろ、20代でバリバリ仕事をしてプライドが高い人よりも「これから介護業界で一からキャリアを積もう」と考えている人の方が優遇されます。

 

介護業界では、これまでの学歴や経歴ではなく、介護業界における経験や資格が重視されます。そのため、就職するのに職歴はほとんど関係ないのです。

 

このように、介護業界へ就職・転職するためには、職歴はなくても問題ありません。

 

30代から介護職になる人は多い

他業界から介護業界へ転職する人には、30代と40代の人が多い傾向にあります。それは、30代や40代で仕事の転機を迎える人がたくさんいるためです。

 

例えば、30代の人には、若くして中間管理職となったことが原因でプレッシャーを受けて転職する人が少なくありません。また、後から入職した後輩から立場を追い抜かれたことでモチベーションが低下して転職を考える人もいます。

 

さらに女性であれば、30代である程度子どもから手が離れて、介護職としてキャリアを形成しようと考える人も存在します。

 

正直なところ、30代で他業界へ転職することは容易ではありません。それに対して介護職であれば、既に述べたように無資格・未経験であっても就職先が見つかりやすいため、転職しやすいです。

 

こうした理由から、30代で介護業界へ転職する人は多いのです。

 

30代後半から介護転職する人もいる

30代で介護業界へ転職する人の中には、30代前半である人が多い傾向にあります。ただ、中には30代後半から介護業界へ転職する人も少なからず存在するのです

 

例えば、4年生の大学を卒業して中間管理職として働いた後に、介護業界へ転職した人もいます。30代後半になると、30代前半よりも会社内での立場が上になるため責任が重くなり、強いプレッシャーを受ける人が多いのです。

 

その結果、無資格・未経験でも求人が出ている介護業界へ転職することになります。

 

また、この年代には親の介護を経験したことがきっかけで、介護職への転職を目指す人も少なくありません。30代後半となると、両親も60代後半となり、介護が必要になる人が多いのです。

 

このように、30代後半から介護業界へ転職する人も少なからずいます。

 

正社員として就職も可能

30代から介護職へ転職する人にとって最も気になるのは「正社員として雇用されるのか?」ということです。結論から述べると、30代で無資格・未経験の状態であっても、介護職の正社員として雇用されることは可能です。

 

確かに、正社員として募集されている求人の多くは有資格者が条件となっています。しかし、無資格・未経験であっても正社員募集の求人は出ています

 

例えば、ある求人サイトにおいて「介護職・ヘルパー」「正社員・契約社員」「未経験」という条件で求人を検索すると、全国で1000件近い求人が出ます。

 

もちろん、同じサイトで「正社員・契約社員」で「介護福祉士」と有資格の条件で検索すると、6000件以上の求人が見つかるように、有資格者の方が求人数は圧倒的に多いです。

 

ただ、無資格・未経験であっても正社員の求人は1000件近く出ており、正社員として就職することは不可能ではありません。

 

このように、30代からの転職であっても、正社員の介護職として雇用されることは可能です。

 

30代における介護職の給料(年収)事情

30代から介護職へ転職する際に、「給料」は多くの人が気になる条件だと思います。正直なところ、介護職の給料は安いです。また既に述べたように、介護業界では学歴や経歴はほとんど関係ないため、たとえ30代であっても1からのスタートになります。

 

そして、厚生労働省の統計(平成27年度介護従事者処遇状況等調査結果)により算出された、職場別による無資格の介護士における平均給与額は以下の通りです。

 

無資格の介護士における常勤の平均給与額

  平均年齢(歳) 平均勤続年数(年) 平均給与額(円/月)
全体 37.0 4.7 253,550
介護老人福祉施設 33.3 4.2 270,550
介護老人保健施設 40.3 6.4 283,320
介護療養型医療施設 45.6 7.8 248,410
訪問介護事業所 42.4 5.2 244,110
通所介護事業所 38.3 4.6 238.230
認知症対応型共同生活介護事業所(グループホーム) 42.6 4.1 231,370

*ここで示されているのは、介護職員処遇改善加算(1)〜(4)の届出をしている事業所を対象に調べられた値です。

 

この表で記されているのは、経験者も含めた値であり、なおかつ「介護職員処遇改善加算」の届出をしている施設を対象とした給料額です。そのため、実際の収入額はもっと低くなります。

 

また、厚生労働省が実施した「平成27年賃金構造基本統計調査(初任給)の概況」によって、医療・福祉業界における高卒者の初任給は、以下のように報告されています。

 

医療・福祉業界における高卒者の初任給
150,700円

 

医療といっても、看護師や理学療法士などのリハビリ職の資格は、高卒では取得することができません。そのため、この額は高卒で介護職となった人の初任給と考えても問題なさそうです。

 

そして、既に述べたように介護業界では学歴や経歴は評価の対象となりません。つまり、30代であっても、この表に記されているように、月収が15万円前後であると考えるのが現実的です。これに、夜勤がある職場では数万円の手当が付きます。

 

このように、30代で介護職へ転職した人の月収は15〜20万円だと考えて良いでしょう

 

30代から介護職になる人が取るべき資格

ここまで述べたように、30代から介護職へ転職すると、月収は高くて20万円前後です。そのため、ほとんどの人は収入が低くなります。ただ30代からであっても、介護職として経験を積んだり、介護資格を取得したりすることで、キャリアアップすることは十分可能です。

 

またキャリアアップを狙わないにしても、無資格・未経験で介護職へ転職した場合には、何かしらの資格を取得することをお勧めします。

 

そこで以下に、30代から無資格・未経験で介護職へ転職する人が取るべき資格について記します。

 

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修(初任者研修)は、介護職として働くための基本的な知識と技術を学べる講座です。受講資格はなく、無資格・未経験者でも受けることができます。

 

講座は、講義と実技を合わせて130時間あります。この中で、認知症や老化、障害などの介護職として働くために必要な基礎知識を学べるのです。また実技では、ベッドから車椅子への移乗などの基本的な介護技術を指導してもらえます。

 

初任者研修は、平均して3ヶ月ほどで修了できる上に費用も数万円しかかからないため、介護職として働くのであればぜひ取得しておくべき資格だといえます。

 

実務者研修

実務者研修とは、以前は「ホームヘルパー1級」と呼ばれていた資格です。そして、介護資格の中で唯一の国家資格である「介護福祉士」の試験を受けるために必須の資格となっています。

 

一般的には「初任者研修を受けた後に実務者研修を受ける」という流れが推奨されていますが、基本的には無資格・未経験でも実務者研修は受講可能です。講座には、介護に関する知識や技術だけでなく「たん吸引」や「経管栄養」といった、医療的なケアに関する内容も入っています。

 

実務者研修は、合計で450時間の講義となっており、初任者研修よりもかなりボリュームがある内容となっています。

 

介護資格で唯一の国家資格である介護福祉士を取得するために必須であるため、介護職としてキャリアアップするためには欠かせない資格です。

 

具体的な料金や講義内容、取得するメリットについては「無資格の介護士が実務者研修、介護福祉士を取得する方法」に詳しく書いています。

 

介護福祉士

実務者研修を修了した後は、介護福祉士を取得するのが介護職における一般的です。介護福祉士は国家資格であり、ほとんどの職場で資格手当として1〜2万円程度が支給されます。

 

ただ、介護福祉士の試験を受けるためには、福祉系の高校もしくは介護福祉士養成校を卒業しているか、実務者研修の修了者で、なおかつ実務経験が3年以上必要です。そのため、初任者研修や実務者研修などと比較すると、受講資格のハードルが一気に高くなります。

 

そうはいっても、介護職としてキャリアアップするためには、介護福祉士の資格は必須です。介護福祉士の資格を持っていると、給料が上がるだけでなく、介護施設側からの評価も高くなるため、転職時にも有利になります。

 

30代から介護職へ転職する場合には、介護福祉士は転職後にぜひ取得したい資格です。

 

介護福祉士に関しても、具体的な料金や講義内容、取得するメリットについては「無資格の介護士が実務者研修、介護福祉士を取得する方法」に詳しく書いています。

 

30代から介護業界へ転職する際に注意すべきこと

30代から介護職へ転職する際には、介護職だからこそ注意すべきことがいくつかあります。そのことを事前に把握しておかなければ、転職後に後悔することになりかねません。

 

そこで以下に30代から介護職へ転職する人が注意すべきことについて記します。

 

給料が安い

既に述べたように、介護職は基本的に給料が安いです。どれだけ前職でキャリアを積んでいても、介護業界に入れば関係ありません。月収はおおよそ15〜20万円になると考えておいた方が良いでしょう。これにボーナスを加えても、年収が300万円に届かない人がほとんどです。

 

国税庁が実施した「民間給与実態統計調査」によると、平成27年の平均年収は30代前半(30歳〜34歳)の人が397万円、30代後半(35歳〜39歳)の人は432万円と報告されています。

 

つまり、30代で介護職へ転職すると、同年代の平均年収よりも100〜150万円も年収が低くなるのです。

 

このように、30代で介護職へ転職する際には、給料が安いことを理解しておくことが重要です。

 

女性社会である

介護施設のほとんどは、スタッフの半数以上が女性であるため、いわゆる「女性社会」になります。そのため、男性が多い職場とは違ったことに注意しなければいけません。

 

例えば、男性であれば、体臭や服装などの清潔感を意識する必要があります。また、女性スタッフはみんな平等に扱い、褒めるときは少し大げさな表現を使うことが大切です。

 

また女性の場合には、一般的な会社よりも化粧などの身だしなみをキチンとしておかなければいけません。特に上司が女性である場合には、外見に厳しい人が多い傾向にあります。その他にも、派閥のようなグループができていたり、すぐに噂話が広がったりすることにも注意が必要です。

 

このように、介護施設のほとんどは女性スタッフが中心であるため、女性社会である可能性が高いことを知っておくようにしましょう。

 

変則勤務の職場がある

介護施設の中には、夜勤がある職場が多く存在します。そして夜勤があると、当然ながら変則的な勤務になります。

 

ほとんどの会社は、夜勤はなく日勤のみです。そのため、他業界から介護職へ転職した際には、夜勤という変則的なシフトに苦労する人が少なくありません。

 

夜勤が入ると、生活リズムが崩れて体調を崩しやすくなります。また、家族や友人などと生活パターンがズレるため、人付き合いなどにも支障が生じる場合もあるのです。

 

このように、30代から介護職へ転職する場合には、変則勤務の職場があることを理解しておくようにしましょう。

 

体への負担が大きい

介護の仕事は、身体的な負担が大きいことにも注意しなければいけません。

 

例えば、先にも述べたように、夜勤がある職場になると生活リズムが崩れて体調を崩しやすくなります。また、介護度が高い人の身体介護を行わなければいけない職場であれば、腰やひざなどに大きな負担がかかります。実際に、腰痛が原因で介護職を辞める人もいるのです。

 

このように、体への負担が大きいことも、30代から介護職へ転職する人は理解しておく必要があります。

 

介護業界に年齢や学歴、経歴は関係ない

既に述べたように、介護業界には年齢や学歴、経歴は関係ありません。そのため、たとえあなたが前職が一流企業に勤めていたとしても、介護現場では介護業界での経験が長い人の方が立場は上です。

 

実際に、30代で介護職へ転職すると、20代の若いスタッフから厳しく指導されることもあります。そうした際に、あなたはプライドを捨てなければいけません

 

このように、介護業界へ転職する際には、年齢や学歴、経歴といった過去のことは全て忘れてゼロから学ぶ気持ちを持つことが大切です。

 

30代の人が効率的に求人を探す方法

30代で介護職へ転職する際には、さまざまなことに注意しなければいけません。その上で、あなたが希望する条件に合った就職先を見つけることが重要です。

 

ただ介護施設の正社員求人は、多くが資格を所有していることが条件となっています。もちろん、無資格・未経験でも募集している正社員求人は存在しますが、数は少ないのが現状です。また、正社員の求人があったとしても、好条件の求人はめったに見つかりません。

 

そうした中で、30代で介護職へ転職する人にお勧めするのが「介護職専門の転職サイト」です。

 

転職サイトとは、求人の探索・紹介から、履歴書や面接のサポートなど、転職活動全般をサポートしてくれるサービスです。登録すると、担当のアドバイザーが付いてあなたの転職活動を支援してくれます。

 

転職サイトのアドバイザーは、介護業界における転職支援のプロです。そのため、アドバイザーを頼ることで、あなたの希望に合った求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。

 

このような理由から、30代から介護職へ転職する場合には、転職サイトを活用することをお勧めします。ぜひ転職サイトを有効に利用して、30代からの介護転職を成功させるようにしましょう。

 

今回述べたように、30代から介護職へ転職する人は少なくありません。ただ、特に社会人経験がある30代の人は、介護業界への転職時には注意すべきことがたくさんあります。

 

そうした際に、あなたに適した求人を見つけるために有効であるのが転職サイトです。転職サイトを有効に活用することができれば、あなたの希望に合った求人を紹介してもらうことができるようになります。

 

30代から介護職への転職を検討している人は、ぜひ転職サイトを活用して転職を成功させましょう。

 

ただ、介護職の転職サイトの中でも、無資格・未経験者を対象としているのは「カイゴジョブ」「ミライユキャリア」「きらケア派遣」の3つです。そのため、30代で無資格・未経験の人は、これら3つの転職サイトを利用するようにしましょう。

 

無資格・未経験から介護転職する人にお勧めの転職サイト


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2〜3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。
おススメの転職サイトの特徴

派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト

サイトマップ
HOME 介護転職体験記 転職サイトの活用法 おススメ介護転職サイト