ケアマネ(介護支援専門員)に起こりやすい悩み:介護求人・転職

ケアマネ転職悩み

介護職の1つに、「ケアマネジャー(ケアマネ:介護支援専門員)」があります。ケアマネジャーは通称「ケアマネ」と呼ばれる職種であり、介護保険利用者におけるサービス利用プランを立てることが主な仕事になります。
ケアマネは介護職の中では待遇が良い方であり、介護職者の中には経験を積んでケアマネの資格取得を目指す人が少なくありません。
そうしたケアマネですが、働く中でケアマネならではの悩みを抱える人も少なくありません。特に「人間関係」や「利用者との対応」などは、多くのケアマネが苦労していることです。
ケアマネとして働く上で、このようにケアマネに起こりやすい悩みを理解しておくことは大切です。そうすることで、事前に心の準備ができたり、対策を立てたりすることができ、転職後の「ミスマッチ」を防ぐことにつながります。
そこで今回は、「ケアマネ(介護支援専門員)に起こりやすい悩み」について解説します。

人間関係の問題

ケアマネは、利用者が利用する介護保険サービスをトータルに管理する立場にあります。そのため、利用者とその家族はもちろんのこと、全てのサービス担当者と関わらなかえればいけません。
そうした中で、無理な要求をしてきたり、苦情をいったりしてくる人もいます。
また、このような利用者のサービスに関わる他職種との人間関係だけでなく、同僚や上司などとの人間関係に苦労するケアマネが少なくありません。
特にケアマネは、もともと看護師や介護福祉士といった、何かしらの資格を取得している人がほとんどです。そうした資格の違いによって、利用者のケアに対する考え方に相違が生じて意見が食い違うことが多々あります
例えば。管理者であるケアマネが看護師である場合、その人は医療的な視点で利用者に対するケアプランを考えがちです。ケアプランとは、利用者が使うサービスの計画になります。
具体的には、看護師の資格を持つケアマネが立てたケアプランでは、サービスの内容が、訪問看護や訪問リハといったような医療に関するものが中心になりがちです。
その一方で、もともと介護福祉士の資格を持っているケアマネであれば、介護や福祉の視点を中心にケアプランを立てることになります。例えば、訪問介護やデイサービスといったように、介護が主な目的であるサービスがケアプランに多く入りがちになります。
こうしたことに関しては、どちらが正しいということはありません。しかし、このような考え方の違いによって人間関係が悪化することは少なくありません。
特に管理者であるケアマネと一般職員でもともと持っている資格が違う場合に、管理者と意見が食い違って一般職者が転職するケースは多々あります。
このように、ケアマネはさまざまな職種の人と関わる期会が多くあります。そうした中で、人間関係に悩む人は少なくありません。またケアマネ同士でも、もともと持っている資格によってケアに対する考え方に相違が生じることがあります。そうしたことが原因で、職場を転職する人もいることを知っておいてください。

利用者の対応

ケアマネは、利用者の介護保険サービスをマネジメントする立場にあります。そのため、利用者からサービスに関する問い合わせや苦情などを受けることも多々あります。
そしてそうした対応は、あなたの勤務日や勤務時間とは関係なく行わなければいけません。あなたは常に携帯電話を保持して、いつでも電話に出れるようにしておく必要があります。
つまり、「24時間365日、利用者の対応を行わなければいけない」ということです。
また利用者によっては、介護保険サービスで対応できないようなことをケアマネが依頼されることもあります。
例えば、独居の利用者であれば、「重いものを運べないから手伝って欲しい」などといったことはよくお願いされることです。こうした介護保険サービスで対応できないようなことは、特に家族がいないような利用者にとっては、ケアマネに頼るしかありません。
そのため、ケアマネはこうしたお願いをされることもあります。このような依頼は、簡単なものであれば問題ありませんが、対応が難しいようなことを頼まれるときもあります。
このように、ケアマネは利用者の対応を24時間365日行わなければいけなかったり、対応が難しいことを依頼されたりすることがあります。ケアマネとして働く場合には、こうした悩みを抱えやすいということを理解しておいてください。
今回述べたように、ケアマネの中には、「人間関係」や「利用者の対応」に苦労する人が少なくありません。そうしたことが原因で職場を転職したり、ケアマネを辞めたりする人もいます。
そのため、こうしたケアマネに起こりやすい悩みを理解しておくことは、とても大切なことだといえます。ケアマネに生じやすい苦労を事前に把握しておくことで、そのような状況にも上手く対応できるようになります。


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2~3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。

おススメの転職サイトの特徴


派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト