ケアマネが持っていると転職に有利な資格:介護求人・転職

ケアマネ転職資格

ケアマネジャー(ケアマネ:介護支援専門員)には、ケアマネジャーに加えて、いくつかの資格を所有している人が多くいます。そもそも、ケアマネジャーになるためには、医療や介護、福祉の現場での経験が必要であるため、何かしらの資格を持っていることが少なくありません。
例えば、介護福祉士として働いていた人が、数年間の実務経験を経た後にケアマネジャーの資格を取得することは珍しくありません。
このように、ケアマネジャーの人は、もともと何かしらの資格を所有していることが多いです。ただその中でも、ケアマネジャーとして働く上で、持っていると有利である資格があります。それは、「看護師」と「福祉住環境コーディネーター」です。
ケアマネジャーがこれらの資格を持っていると、仕事を行いやすくなるだけでなく、転職にも有利になります。
そこで今回は、「ケアマネが持っていると転職に有利な資格」について解説します。

看護師

ケアマネジャーになるためは、医療や介護、福祉での実務経験が必須になります。そのため、ケアマネジャーの中には、介護福祉士や看護師といった医療・介護ニ関係する資格を所有している人が少なくありません。
そうした中でも、ケアマネジャーが看護師の資格を持っていると、非常に仕事が行いやすくなります。
ケアマネジャーの主な役割は、要介護者・支援者に対する介護保険サービスの利用プラン(ケアプラン)を立てることです。利用者の介護度に合わせて、適切なサービスを提案して、その人の生活をサポートします。
ただ、利用者やその家族の中には、そうした介護保険に関することだけではなく、体のことに関して相談する人も少なくありません。
 
例えば、介護保険の利用者のほとんどは、何かしらの薬を服用しています。そうしたときに、「この薬はどのような副作用がありますか?」「○○という薬を飲み始めてからめまいがあるのですが、○○にはそのような副作用がありますか?」といった質問をされることが多々あります。
基本的に、ケアマネジャーは薬について勉強していませんし、例え独自に勉強していても薬に対してアドバイスすることはできません。
そうした際に、看護師の資格を持っており実務経験があると、薬の服用に関してある程度の知識を持っています。そのため、そのような利用者やその家族からの質問に対しても、、アドバイスをすることができます
このように、介護保険サービスに関わるケアマネジャーですが、利用者やその家族から、医療に関わるアドバイスを求められることが少なくありません。そのときに、あなたが看護師の資格を持っていれば、その経験を活かして利用者やその家族に適切なアドバイスを行うことができます。

福祉住環境コーディネーター

ケアマネジャーが関わるサービスの1つに、「住宅改修」があります。住宅改修とは、利用者の状況に合わせて、住宅環境を整備することをいいます。
例えば、脳梗塞を発症して立ち上がり動作が不安定になった利用者がいます。その人が在宅で生活するためには、トイレなどに手すりを設置した方が安全かつ動作が楽に行えます。
そうした際に、トイレへ手すりを設置するようなことを住宅改修といいます。
こうした住宅改修は、利用者やその家族から依頼されることもあります。また、理学療法士などのリハビリ職者、ヘルパーなどの介護職者といったような、サービス提供者から提案されることもあります。
ケアマネジャーは、そうした依頼に対して、介護保険内で可能な住宅改修サービスを提案します。
そのときに、ケアマネジャーが「福祉住環境コーディネーター」の資格を持っていると、非常に仕事が行いやすくなります。
福祉住環境コーディネーターとは、民間資格であり、高齢者などの住環境整備を調整する役割があります。医療・介護・福祉といったトータルな視点から、その人に適した環境整備を提案するのが福祉住環境コーディネーターです
ケアマネジャーが福祉住環境コーディネーターの資格を持っていると、利用者やその家族に対して直接的にアドバイスを行うことができるようになります。
また、理学療法士などのリハビリ職者に提案された住宅改修などにおいても、福祉住環境コーディネーターとしての立場から意見をすることもできます。その結果、より利用者に適した住宅改修につなげることができるようになります。
このように、ケアマネジャーが福祉住環境コーディネーターの資格を持っていると、利用者に提供するサービスの質の向上につなげることができるようになります。
今回述べたように、ケアマネジャーが持っていると有利な資格には、主に看護師と福祉住環境コーディネーターの2つがあります。ケアマネジャーがこれらの資格を取得していると、最終的に、利用者に対するサービスの質を高めることにつながります。
また、こうしたダブルライセンスを活かすことで、キャリアアップや転職にもつなげることができます。そのため、キャリアアップを目指す人は、ぜひケアマネジャーに関係する資格の取得を検討してみてください。


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2~3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。

おススメの転職サイトの特徴


派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト