ケアマネが求人サイトより転職サイトを利用すべき理由

ケアマネ転職サイト

ケアマネージャー(ケアマネ:介護支援専門員)が転職する際、ハローワークやインターネット上の求人サイトを利用する人は多くいます。ただ、そうした転職手段よりも、転職サイトを活用することで、より効率的に転職活動ができるだけでなく、転職後のミスマッチも減らすことができます。
転職サイトに登録すると、専門のアドバイザーがあなたの転職活動をサポートしてくれます。求人情報の探索はもちろんのこと、履歴書の書き方や面接のポイントなど、さまざまなことを手伝ってくれます。
そのため、転職サイトを利用することで、あなたが行わなければいけないことが大幅に少なくなります。また、経験豊富なアドバイザーが、あなたの希望に合った求人を見つけて紹介してくれるため、転職後に生じるミスマッチも防ぐことが出来ます。
このように、ケアマネが転職する際には、転職サイトを活用することには多くのメリットがあります。
そこで今回は、「ケアマネが求人サイトより転職サイトを利用すべき理由」について解説します。

求人サイトと転職サイト

ケアマネの中には、転職する際に「求人サイト」を利用する人が少なくありません。求人サイトとは、インターネット上にある無料で求人情報を紹介してくれるサイトです。
都道府県や条件などを入力することで、あなたの希望に合った求人情報を調べることができます。そして、気に入った求人情報があれば、あなた自身が求人先へ連絡して履歴書の送付や面接などを行うことになります。
その一方で転職サイトとは、登録すると担当のアドバイザーが付き、求人情報の紹介から履歴書、面接対策など、転職活動全般をサポートしてくれるサービスです。
転職サイトは、「転職支援会社」が運営しているサイトであり、無料で利用できます
求人サイトを使った転職は、自分自身で求人情報の探索から面接の日程調整などを行わなければいけないのに対して、転職サイトを利用すると、そうしたことを全てアドバイザーが代行、またはサポートしてくれます。
求人サイトと転職サイトは、一見すると同じようなサービスに思えるかもしれません。しかし実際には、2つのサービスには以上のように大きな違いがあるということを理解しておいてください。

求人サイトと転職サイトの具体的な違い

求人サイトと転職サイトは、同じようなサービスと思われがちですが、実際には全く異なるものです。中でも、求人サイトと転職サイトの大きな違いは「アドバイザーの有無」にあります。転職サイトに登録すると、担当のアドバイザーが付いてあなたの転職活動全般をサポートしてくれます。
転職サイトのアドバイザーは、あなたの希望する条件を聴取した上で、あなたに合った求人情報を探して紹介してくれます。それだけではなく、転職時に必要になる履歴書や面接、退職活動などに対してもアドバイスをしてくれます。
また転職サイトによっては、「見学同行」や「面接同行」などといったサービスを行っているようなところもあります。
その他にも、求人サイトと転職サイトには「求人数」「マッチング」「条件交渉」といった点で違いがあります。

求人数

転職サイトには、求人サイトと比較して多くの求人を抱えています。転職サイトは、いわゆる「非公開求人」というものをたくさんもっているため、その分だけ選択肢が増えます。
非公開求人とは、インターネット上やハローワークなどでは紹介されていない求人情報です。
求人情報を探している転職者が転職先に条件を求めるのと同じように、病院や施設が応募者に条件を付けることがあります。ただ、誰でも見れるような求人サイトに求人情報を掲載していると、例え求人票に応募条件を記載していても、要件を満たしていない人が応募してくることが少なくありません。
そうしたことを避けるために、応募者を選別したいと考えている場合には、転職サイトに非公開求人として転職者の紹介を依頼します。
転職サイトでは、アドバイザーが病院と応募者を仲介して求人情報を紹介します。そして、条件を満たしていないような応募者に対しては、その求人を紹介しません。そのため、求人側の希望に合った人だけが応募してくることになります
転職サイトには、このような特徴があるため、非公開求人を多く抱えています。
このように、転職サイトは一般的に公開されている求人情報に加えて非公開求人を抱えています。そのため、必然的に紹介してもらうことができる求人数は多くなります。

マッチング

転職サイトでは、アドバイザーが仲介して求人情報の紹介をしてくれます。
そしてアドバイザーは、あなたの希望する条件はもちろんのこと、性格なども考慮した上で、あなたに適した転職先を探してくれます。そのため、自分自身で転職先を探したときと比較すると、転職後に「ミスマッチ」が生じる可能性が低くなります
また、既に述べたように、求人側が希望する条件も考慮した上で求人情報を紹介してくれます。
このように、転職サイトを利用すると、マッチング度が高い求人情報を紹介してもらえる可能性が高くなります。

条件交渉

転職サイトのアドバイザーは、あなたに合った求人情報を紹介してくれたり、面接、履歴書に対するポイントを教えてくれたりします。またそれだけではなく、アドバイザーが条件の交渉を行ってくれるところもあります。
例えば、紹介してもらった求人で「あと年収がもう少し上がってくれれば応募したいんだけど……」というものがあったとします。
そうした場合に、あなた自身が応募先に直接交渉することは可能です。ただ、こうした交渉は難しく、行っても成功しない可能性が高いです。
その一方で、転職サイトへ登録していると、アドバイザーが条件を交渉してくれます。経験豊富で、求人先とのつながりがあるアドバイザーが、あなたに代わって話をしてくれるため、あなたの希望する条件が認められやすくなります。
このように、転職サイトを利用すると、あなたの希望する条件が認められやすくなります。

求人サイトより転職サイトを利用すべき理由

求人サイトと転職サイトは、一見すると似たようなサービスを提供しているように感じるかもしれません。しかし実際には、これらのサイトが行っているサービスは全く別物です。
そして、ケアマネージャーが転職する際には、求人サイトよりも転職サイトを利用することをお勧めします。転職サイトを使った方が、楽に転職活動を行えるだけでなく、より良い転職先に転職することができるようになります。
そこで以下に、転職サイトを利用することで得られるメリットについて記します。

転職活動の手間が省ける

ケアマネが転職サイトを活用することで得られる最大のメリットは、「転職活動にかかる手間が少なくなる」ということです。転職を行う際には、多くの人が「忙しさ」を感じて肉体的、精神的に疲れます。
基本的に転職活動は、前職場で働きながら行います。当然ながら平日の日中は仕事をしているため、業務終了後や休日などを使って求人情報を探すことになります。また、求人情報の探索だけでなく、履歴書の作成や面接の日程調整なども行わなければいけません。
そのため、転職活動を行っている時期は、かなり慌しい毎日を過ごすことになります。
そうした状態で転職先を探すために、なかなか落ち着いて職場を吟味することができません。中には、「時間が無かったから何となく良さそうだったところに応募した……」という人もいます。
しかし実際には、今後長く働くことになるであろう転職先は、できる限りしっかりと選ぶことが大切です。焦って転職先を決めてしまうと、転職後のミスマッチにつながります。
転職サイトを活用すると、アドバイザーが求人情報を探してくれるため、あなたは仕事をこなしながら求人を探す必要がなくなります。そして、アドバイザーから紹介してもらった求人の中から、落ち着いて転職先を選ぶことができます
その他にも、面接の日程調整などもアドバイザーが行ってくれるため、あなたが行うべきことは非常に少なくなります。
このように、転職活動の手間が少なくなることは、ケアマネが転職サイトを活用することで得られる一番のメリットだといえます。

採用選考が通りやすくなる

転職サイトを活用すると、アドバイザーが履歴書や面接に関する助言をしてくれるため、採用選考に通りやすくなります。
転職活動において、多くのケアマネが悩むことが、「書類選考や面接選考に通ることができるか?」ということです。いくら希望に合った求人が見つかっても、採用試験で不採用になってしまうと意味がありません。
そうした際に、転職サイトを利用していれば、アドバイザーが採用試験を通過するためのポイントを教えてくれます。例えば、履歴書における志望動機や職歴の書き方など、これまでの経験を踏まえた上で、採用担当者に評価されるためのコツを指導してくれます。その結果、採用試験に通りやすくなります。
そもそも、あなたとマッチした職場を紹介してくれるため、最初から採用されやすい状況だといえます
このように、転職サイトのアドバイザーを使うことで、「採用試験に通りやすくなる」というメリットがあります。

転職後のミスマッチを防ぐことができる

ケアマネが転職サイトを活用すると、転職後のミスマッチを防ぐことができます。転職をする際に最も避けたいことは、ミスマッチが生じてすぐに再転職を行わなければいけないような状態になることです。
職場を変えるということは、想像以上に労力が必要です。例えば、転職によって仕事が変わると、当然ながら新しいことを1から覚えなければいけません。特に、居宅介護支援事業所で働いていた人が施設へ転職したような場合には、学ばなければいけないことがたくさんあります。
また、新しい職場のスタッフや利用者などと、信頼関係を作っていかなければいけません。
このように転職は、あなたに大きな負担をかけることになります。
そのため、転職後にミスマッチが生じてすぐに再転職となると、その労力は非常に大きなものになります。さらに、短い期間での転職は、あなたの履歴書に傷をつけることになり、今後の転職活動にマイナスの影響を与えます
こうしたことを避けるためにも、転職後のミスマッチは可能な限り起こらないようにしなければいけません。
転職サイトのアドバイザーを活用すると、あなたと求人先の希望がマッチしていることを確認した上で、求人を紹介してくれます。そのため、ミスマッチが生じる可能性はかなり低くなります。
このように、転職後のミスマッチが生じにくいことは、転職サイトを利用することで得られる大きなメリットです。
今回述べたように、ケアマネージャーが転職する際には、求人サイトより転職サイトを活用すべきだといえます。転職サイトを利用することで、求人サイトを使った転職よりも、効率的に求人を見つけることができるだけでなく、良質な求人を手に入れることができるようになります。
こうしたことから、転職を行う際にはぜひ転職サイトを有効に活用して転職を成功させるようにしましょう。


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2~3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。

おススメの転職サイトの特徴


派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト