ケアマネが転職・退職するネガティブな理由:介護求人・転職

ケアマネ転職理由

ケアマネージャー(ケアマネ:介護支援専門員)として働く中で、職場に不満を持って退職・転職する人は多くいます。
ただ、中には職場の人間関係や経営者などに対して不満を持っていても、「自分のわがままなんじゃないか……」と考えて、なかなか行動に移せない人が少なくありません。
そうした際に、他のケアマネが辞めて転職する原因となった理由について知っておくことは、あなたが転職を決意する際に役立ちます。他人の考えを知ることで、「他にも同じことを考えて転職した人がいる」という自信につながり、転職する後押しになります。
そこで今回は、「ケアマネが転職・退職するネガティブな理由」について解説します。

人間関係の問題

ケアマネジャーに限らず、人間関係が原因で転職する人は多いです。例えば、「上司からパワハラを受けている」「同僚から苛められている」というような理由で退職・転職を考える人はたくさんいます。
ケアマネの中でも、そうしたことがきっかけとなって退職・転職する人もいます。ただ実際には、ケアマネの場合には、他の職種と比較してスタッフ間における人間関係に不満を持っている人は少ないです。特に、同僚間で仲が悪いという職場はあまり聞きません。
ただ、管理者であるケアマネとの人間関係に苦労する人は多いようです。
例えば、管理職者であるケアマネが、もともと看護師の資格を持っている人であるとします。その一方で、あなたは介護福祉士からケアマネになっている場合では、お互いの介護に対する考え方がすれ違いやすくなります。
もともと看護師をしていたケアマネは、ケアマネの仕事に関しても、どうしても医療寄りの思考をしがちです。それに対して、介護職からケアマネの資格を取得した人は、医療というよりも介護職としての目線で考える傾向にあります。
具体的には、ある利用者が歩行に不自由があって活動範囲が狭くなっているとします。そうした際に、看護師の資格を持っているケアマネであれば、理学療法士などによるリハビリを多くする提案を行い、「機能改善を優先させよう」と考えるかもしれません。
その一方で、介護福祉士などの介護職であってケアマネであれば、ヘルパーなどを多く提案して、「利用者ができないところを介護サービスで補おう」と思うかもしれません。
このように、管理職者がもともと持っている資格によって、その事業所のケアマネジメントに対する考え方は大きく変わります。そのため、もしあなたが管理者と違った仕事からケアマネになった場合には、こうした考え方の違いが生じる可能性があります。
ケアマネの中には、こうした管理職者との意見の相違が原因となって退職・転職を考える人が多くいます。
さらに、そうした管理者への不満よりも多いのが、事業所の母体に対する非難です。経営者の方針や、行わなければいけない仕事内容などに不平を持つケアマネはたくさんいます。
例えば、経営者の方針によって「とにかく限界まで担当者数を抱える」というところは少なくありません。給料をもらっているため、担当者の数を増やして、組織の利益にkぷけんするように働くことは当然です。
ただそうした場合に、担当者の数を限界まで持った上に他の仕事まで求めるような職場もあります。具体的には、ケアマネに対して送迎や、利用者の介護など、介護職者が行うような業務を行わせるところも少なくありません。
ただでさえ担当する利用者の対応に追われている状況で、さらにケアマネとは違う仕事まで頼まれると、当然ながらケアマネ本来の仕事に支障が出ます。もし全てを上手くこなせたとしても、そのような状態であれば、毎日残業を行うことになります。
このように、経営者の方針に対して不平不満を持って退職・転職するケアマネは多いです。
ケアマネが人間関係で職場を退職・転職するときには、同僚間ではなく「管理職者や経営者との考え方の相違がきっかけになることがほとんどである」ということを知っておいてください。

給料面への不満

ケアマネージャーに限らず、給料面に対する不満は、退職・転職する理由として挙がりやすいものです。特に、男性で結婚したり子どもが生まれたりした人は、家族を養わなければいけなくなるため、収入に対してはシビアになります。
ただ、ケアマネの中には職場の給料に不満を持って辞める人は少ないです。それは、「どの職場でも収入に大きな差はない」ということを知っているためです。
ケアマネが働く場としては、主に「地域包括支援センター」「居宅介護支援事業所」「施設」の3つがあります。そして、これら3つによって、待遇面に大きな違いはありません。確かに、職場によって多少の差はあるものの、わざわざ転職するまでの違いではありません。
こうしたことから、給料面に不満を持って退職・転職を考えるケアマネは少ないです。
そうはいっても、「少しでも給料が高いところに移りたい」と考えて転職する人もいます。そうした場合には、ケアマネジャー専門の転職サイトを有効に活用することをおすすめします。
転職サイトには、求人サイトやハローワークなどには掲載されていないような「非公開求人」がたくさんあります。そして、非公開求人には、高額求人などの好条件求人が多い傾向にあるため、転職サイトに登録することで、高収入の求人を紹介してもらうことができます。
こうしたことから、給料面に不満を持って転職を考えている場合には、転職サイトを活用するようにしましょう。

仕事内容への不満

ケアマネジャーが退職・転職を考える理由の1つに、職場内における「ケアマネ同士の仕事量の差に対する不満」が挙げられます。スタッフ同士の人間関係は良好であっても、同じ一般職のケアマネで任せられる業務量が明らかに違うことに不平を感じる人は多いです
例えば、経験年数も変わらず、職場内での立場も同じようなケアマネが20人しか担当していないにも関わらず、自分は35人も担当者がいるという状況になることもあります。そうなると、「同じ給料しかもらっていないのに、何で自分だけ仕事量がこんなに多いんだ……」というような不満を持つことは当然のことです。
確かに、利用者の性格を考慮すると担当するケアマネが限られてしまったり、名指しで依頼されたりすることで、同じケアマネでも担当者数が偏ってしまうことはあります。
ただ、それでもあまりにも、同じ待遇で仕事量に明らかな違いが生じると退職を考えるほどの不満となります。
このように、ケアマネの中には、「同僚との仕事量の違い」に不平を感じて退職・転職を行う人がいることを知っておいてください。
今回述べたように、ケアマネが転職・退職を考えるようなネガティブな理由としては、主に「管理職者や経営者との考え方の違い」や、「ケアマネ同士の仕事量の違い」といったことが挙げられます。
今の職場を退職・転職することを考えている人は、「他のケアマネはこうしたことが原因で転職している」ということを知っておいてください。


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2~3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。

おススメの転職サイトの特徴


派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト