介護福祉士が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由

介護福祉士転職サイト

介護福祉士が転職活動において求人情報を探す場合、大きく分けて「求人サイトを利用する」「転職サイトを利用する」という2つの方法があります。
求人サイトを使って求人情報を探す場合には、あなた自身が条件を入力して、自分で求人を探索します。ハローワークも同様で、あなた自身で求人情報を見つけて紹介してもらいます。
一方で転職サイトの場合、担当のキャリアアドバイザーが付いて、キャリアアドバイザーから求人情報を紹介してもらいます。キャリアアドバイザーが、あなたの希望を元に、あなたに合った求人を見つけて紹介してくれます。
そのため、介護福祉士が転職する際には、転職サイトを活用することで、よりあなたに合った求人情報を効率的に見つけることができるようになります。
そこで今回は、「介護福祉士が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由」について解説します。

転職サイトとは

転職サイトとは、転職者の転職活動を支援するためのサービスを提供する「転職支援会社」が運営するサイトです。転職サイトでは、登録すると担当のアドバイザーが付いて、あなたの転職活動をサポートしてくれます
例えば、転職サイトに登録すると、はじめにアドバイザーと電話や面接を行います。そこで、アドバイザーはあなたの現状や希望を聴取します。そしてその結果を元に、アドバイザーはあなたに合った求人を探して、あなたに紹介してくれます。
さらに、アドバイザーから紹介された求人で気に入った職場があれば、施設見学や面接の日程調整などもアドバイザーが行ってくれます。
その一方で、ハローワークや求人サイトは、求人情報を提供するのみであり、その後の応募や施設見学などの日程調整といった転職活動は、全てあなた自身で行わなければいけません。
このように転職サイトは、あなたが行わなければいけない転職活動をアドバイザーが代行して行ってくれます。また、経験豊富なアドバイザーがあなたに合った求人情報を探して紹介してくれるため、転職後のミスマッチが起こりにくくなります。
さらにこうした転職サイトは、登録が簡単で無料であるところがほとんどです。そのため、介護福祉士が転職活動を行う際には、転職サイトを活用した方が断然効率的だといえます。
転職サイトに登録することでアドバイザーが支援してくれる活動には、以下のようなものが例として挙げられます。
・求人情報の探索
・施設見学、面接の日程調整
・履歴書の書き方に対するアドバイス
・面接の受け方に対するアドバイス
・退職届の書き方に対するアドバイス
・転職先との条件交渉
・施設見学、面接同行

求人サイトと転職サイトの違い

転職サイトは、担当のアドバイザーが付いて、あなたの転職活動を支援してくれます。求人サイトやハローワークと転職サイトにおける一番の違いも、こうしたアドバイザーの存在にあります。
アドバイザーは、求人情報の探索や面接の日程調整など、さまざまな転職活動をサポートしてくれます。特に、以下に述べるような「求人数」「マッチング」「転職活動の代行」「交渉力」は、求人サイトではなく転職サイトを利用することで得られる大きなメリットだといえます。

求人数

転職サイトのほとんどは、一般的には公開されていないような「非公開求人」を多く抱えています。求人サイトやハローワークでは、こうした非公開求人はなく、掲載されている情報が全てになります。
つまり転職サイトは、求人サイトに掲載されている求人情報に加えて、非公開求人を持っているため、必然的に紹介してもらうことができる求人数が多くなります。

マッチング

求人サイトでは、あなた自身が紙面上の条件だけを元に判断して転職先を決めます。そのため、求人サイトを使って転職した場合、「実際に入社してみると、想像していたことと違った」というようなミスマッチが起こりやすくなります。
それ対して転職サイトであれば、アドバイザーがあなたの現状や希望、性格などを全て考慮した上で、あなたに合った転職先を見つけて紹介してくれるため、ミスマッチが起こる可能性が低くなります。
つまり、よりあなたに合った転職先へ転職できる可能性が高くなるといえます。

転職活動の代行

求人サイトを利用した転職活動では、求人情報の探索や面接、施設見学の日程など、全ての転職活動をあなた自身で行わなければいけません。
その一方で転職サイトであれば、そうした転職活動の多くをアドバイザーが代行してくれます。そのため、転職時にかかる手間が少なくなります。その結果、落ち着いて日々の業務に取り組めるだけでなく、じっくりと紹介された転職先を吟味することができます。
このように、転職活動を代行してもらえることは、転職サイトを活用して得られる大きなメリットだといえます。

交渉力

転職サイトを活用してアドバイザーが付くと、転職先との条件面などの交渉を行ってくれるところもあります。
例えば、「他の条件は良いのだけど、給料があと5000円上がってくれれば……」というようなときに、求人サイトを使っている場合は、あなた自身で転職先へ交渉するか、諦めるしかありません。一方で転職サイトを活用していれば、そうした交渉をアドバイザーが行ってくれます。

転職サイトを使うべき理由

介護福祉士が転職活動を行う際には、求人サイトを使う人と転職サイトを活用する人がいます。また、ハローワークを利用する人も少なくありません。
ただ実際には、介護福祉士は求人サイトやハローワークより転職サイトを活用したほう良いといえます。
そこで、以下に介護福祉士が転職サイトを活用すべき理由を述べます。

求人数が多い

既に述べたように、転職サイトはハローワークや求人サイトなどに掲載されていないような「非公開求人」を多く抱えています。これは、病院や施設などの雇う側も、キャリアアドバイザーを介することで、より雇用側の希望する人材を紹介してもらいたいと考えているためです。
転職サイトではなく、求人サイトに求人情報を掲載してしまうと、多くの応募者が殺到する可能性があります。そして、その中から人材を選ぶことは非常に労力がいります。
こうした事情があるために、転職サイトには一般では公開されていないような非公開求人があります。
当然、転職サイトは求人サイトやハローワークで載っている求人情報も持っています。つまり、転職サイトを利用することで、求人サイトやハローワークが掲載している情報に加えて、転職サイトが独自に抱えている非公開求人を紹介してもらうことができます。
そのため、必然的に多くの求人情報の中から転職先を選択することができるようになります。

キャリアアドバイザーの仲介

介護福祉士が転職サイトを利用すると、担当のキャリアアドバイザーがつくことになります。キャリアアドバイザーがあなたの転職活動を支援してくれるため、スムーズに転職を行えるようになります。
具体的にキャリアアドバイザーが関わることで得られるメリットには、大きく分けて「ミスマッチを防ぐことができる」「転職活動の手間がなくなる」という2つが挙げられます。
転職をする際に、最も気をつけたいことは、転職後に「ミスマッチ」が生じることです。ミスマッチとは、あなたの希望と実際の転職先での条件が異なることです。
例えば、あなたが残業が無い職場だと思って転職先を決定したとします。実際に求人情報には、残業のことに関しては何も記載してありませんでした。しかし、いざ働いてみると、毎日残業しなければいけないような職場だということがわかりました。
このように、あなたが入職前に想像していたことと、入職後の現状にギャップが生じることをミスマッチといいます。そしてミスマッチが起こると、せっかく苦労して転職したのに、再転職を考えるようになります。
求人サイトやハローワークを使って転職を行うと、あなた自身で求人情報を読み取って判断しなければいけないため、こうしたミスマッチが起こりやすくなります。
一方で転職サイトのキャリアアドバイザーが仲介した場合には、キャリアアドバイザーがあなたの希望に合った求人を紹介してくれます。そして、キャリアアドバイザーは、転職支援の経験が豊富である上に、転職に関係する情報を得やすい立場にあるため、さまざまな転職先の事情を把握しています。
そのため、あなたの希望と経験や独自の情報を合わせることで、あなたにマッチした求人を探して紹介することができます。
こうしたことから、介護福祉士が転職サイトを使って転職すると、ミスマッチが生じにくくなります。
さらに、既に述べたように転職サイトのアドバイザーは、求人情報の探索から転職先との条件交渉など、さまざまなことを代行して行ってくれるため、転職活動でかかる負担を大きく減らすことができます。
今回述べたように、介護福祉士が転職サイトを活用すると、「多くの求人情報から紹介してもらえる」「キャリアアドバイザーがつく」というメリットがあります。そのため、転職サイトを上手く活用することで、効率よくあなたに合った求人情報を見つけることができます。
ぜひ転職サイトを上手く活用して、転職を成功させるようにしてください。


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2~3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。

おススメの転職サイトの特徴


派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト