介護士がスキルアップできる職場の求人を見つけて転職する方法

 

介護士(介護職)の中には、「スキルアップを図りたい」と考えている人が多くいます。介護に関する技術を高めることは、キャリアアップにつながるだけでなく、腰痛やひざ痛といった介護職に起こりやすい問題を予防することにもなります。

 

そして、介護士がスキルアップというと、「介護職員初任者研修」や「介護福祉士」「ケアマネージャー(ケアマネ:介護支援専門員)」などの、資格取得を目指すことが一般的です。

 

確かに、資格を取得することとは、スキルアップだけでなくキャリアアップにつながりやすくなります。ただ、介護士として働きながら新たに資格を取ることは大変です。

 

そうした場合には、資格取得によるスキルアップではなく「介護技術を磨ける職場へ転職することでスキルアップを図る」という方法をお勧めします。この方法であれば、大きな負担なくスキルアップでき、将来的にキャリアアップを実現しやすくなります。。

 

そこで今回は、「介護士がスキルアップできる職場の求人を見つけて転職する方法」について解説します。

 

生活介護のスキルをアップさせる

介護士の仕事には、主に「生活介護」と「身体介護」の2つがあります。生活介護とは、簡単にいうと「利用者の体に触れずに行う介護」のことです。例えば、調理や洗濯、買い物、掃除などの家事支援や生活に関する相談などは、生活介護になります。

 

その一方で、身体介護とは、「利用者の体に直接触れて行う介護」になります。具体的には、起き上がり動作や立ち上がり動作の介助、おむつ交換、入浴介助などが例として挙げられます。

 

そして、働く職場によって介護士に求められる能力は異なります。そのため、あなた自身がスキルアップしたい能力によって転職先は大きく変わります。

 

もし、あなたが生活介護に関する技術や知識を高めたいのであれば、「訪問介護事業所」や「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住、サ付き)」「ケアアウス(軽費老人ホーム)」「有料老人ホーム」などへの転職をお勧めします。

 

サ高住やケアハウスは、基本的に生活が自立している利用者が多いです。そのため、介護士の仕事としては、見守りや食事支援といった簡単なものが主になります。それに対して、有料老人ホームは施設によって利用者の介護度が大きく違うため、求められる役割や仕事内容も職場によって異なります

 

また、これらの施設では、入所者の相談事を受けるのも介護士の仕事になります。

 

ただ、サ高住やケアハウス、有料老人ホームでは、「利用者の生活に入り込んで介護を行う」ということは少ないため、介護士の中には物足りなさを感じる人もいます。

 

その一方で、訪問介護事業所は、利用者の自宅を訪問して介護を行います。具体的には、食事の準備や買い物、掃除などを自宅で行うため、利用者の生活に深く関わることになります。

 

こうしたことから、介護士としてしっかり生活介護について学びたいと考えている人は、訪問介護事業所への転職をお勧めします。

 

身体介護のスキルアップを図る

介護士の中には、「生活介護ではなく身体介護を学びたい」と考えている人は多いです。身体介護に関する知識や技術を高めておくと、自分自身の家族に介護が必要になった際に役立ちます。

 

そして、身体介護に関するスキルアップを行いたい場合には、以下のような施設への転職をお勧めします。

 

・病院
・訪問介護事業所
・ショートステイ(短期入所生活介護)
・デイケア(通所リハ)
・デイサービス(通所介護)
・介護老人保健施設
・特別養護老人ホーム(特養)

 

これらの施設では、介護士が身体介護を行う機会が多くあります。特に、病院や介護老人保健施設、ショートステイ、特養、デイケア、デイサービスなどは、身体介護が必要な患者さんや利用者がたくさん入院・入所しています。

 

また、デイケアやデイサービスでは、職場によって利用者の介護度が大きく異なります

 

そして、介護度が低い人ばかりの施設であれば、立ち上がりや歩行といった動作に関する身体介護が求められます。その一方で、介護度が高い人が多い職場であれば、入浴や起き上がり動作、ベッドへの移乗などの介護を多く行うようになります。

 

それに対して訪問介護事業所は、施設によって求められる仕事内容が大きく異なります。例えば、訪問介護事業所であれば、先ほど述べたように生活介護が主な仕事となることもあります。

 

このように、一言で身体介護といっても、介護度によって求められる役割は大きく異なります。そのため、当然ながら職場によって行う仕事内容も違います。

 

こうしたことから、身体介護に関するスキルアップを図りたいと考えた場合には、まずはあなたがイメージする身体介護を明確にすることが大切です。そして、そのイメージどおりの仕事ができる職場を、先ほど挙げた施設の中から選択するようにしましょう。

 

その他のスキルアップを図る

介護士が行う仕事内容は、主に生活介護と身体介護の2つです。しかし実際には、介護の現場で働いていると、それら2つ以外にも介護士にはさまざまな役割が求められます。特に、「運動指導」や「レクリエーション」「生活相談」などは、多くの職場で介護士に求められる業務です。

 

そこで以下に、「運動指導スキル」「レクリエーションスキル」「生活相談スキル」を高めやすい転職先について記します。

 

運動指導スキル

介護の現場には、加齢による筋力低下や転倒の予防を目的としている施設もあります。そしてそうした職場では、集団での体操や器械を使った運動の指導が介護士に求められます。

 

特に、通所リハやリハビリ特化型のデイサービスでは、こうした運動指導スキルが求められます。例えば、施設へ到着してバイタルチェック後に行われる準備体操や、器具を使ったトレーニングの指導などは介護士が行う仕事になります。

 

また、これらの施設では、理学療法士や作業療法士といったリハビリ専門職が常勤として働いていることがほとんどです。

 

そして、理学療法士などと行う個別のリハビリに加えて、集団体操や器械運動などが行われます。当然ながら器械の負荷や回数などは、担当している理学療法士によって設定されたり、アドバイスをもらったりすることになります。

 

こうしたことから、運動指導スキルを高めたいと考えている人は、通所リハもしくはリハビリ特化型のデイサービスへ転職することをお勧めします

 

レクリエーションスキル

介護というと、レクリエーションのイメージを持っている人は多いです。ただ、一言でレクリエーションといっても、カラオケやクイズ、風船バレーなど、さまざまなものがあります。レクリエーションを実施している職場であれば、定期的に介護士がレクリエーションを企画して、司会などを行わなければいけません。

 

そして、レクリエーションスキルを学べびやすい職場は、デイサービスになります。

 

リハビリ特化型のデイサービスでは、ほとんどレクリエーションはありません。ただ、利用者が1日滞在されるようなデイサービスであれば、ほとんどの職場でレクリエーションを行っています。

 

そのため、介護士でレクリエーションスキルを磨きたいという人は、リハビリ特化型以外のデイサービスへ転職することをお勧めします。

 

コミュニケーションスキル

介護職に限ったことではありませんが、仕事を行う上でコミュニケーションスキルはとても大切です。特に介護士は、サービスの対象者が高齢である利用者という「人」であるため、コミュニケーションスキルは重要になります。

 

介護施設を利用している人には、生活において悩みを抱えている人が多くいます。

 

例えば、「家族が家にいない時間に転倒しないかが不安」「テレビを移動させたいけど、自分じゃできない」といったように、さまざまなことに対して悩んでいます。

 

介護士には、そうした相談事を聞いて、アドバイスをする役割が求められます。また、明確な助言をしなくても、利用者の話を聞くだけでも、相手の不安を小さくする効果があります。そのため、介護士には高いコミュニケーションスキルが求められます。

 

そして、コミュニケーションスキルを高めるためにお勧めの職場は、有料老人ホームや訪問介護事業所です。これらの職場で働く介護士は、利用者と話をする機会が多くあります。

 

例えば、有料老人ホームであれば、施設内でのちょっとした悩みなどは、ほとんどが介護士に相談されます。また、自宅を伺う訪問介護では、利用者だけでなく、家族の人ともコミュニケーションを取らなければいけません。

 

このように、介護士でコミュニケーションスキルを磨きたいと考えている人は、有料老人ホームと訪問介護事業所へ転職することをお勧めします。

 

ただそうはいっても、基本的に介護士が働く職場は、全てコミュニケーション能力が求められます。そのため、基本的にどの職場に転職しても、「あなたの意識次第でコミュニケーション能力を高めることができる」ということは理解してくようにしましょう。

 

今回述べたように、介護士としてスキルアップすることは、キャリアアップあなた自身の体を守ることにつながります。

 

ただ、一言で介護士といっても、働く職場によって求められる仕事内容は異なります。そのため、転職する際には、あなたは学びたいことを明確にした上で転職先を選択することが大切です。


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2〜3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。
おススメの転職サイトの特徴

派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト

サイトマップ
HOME 介護転職体験記 転職サイトの活用法 おススメ介護転職サイト