介護士の求人情報における週休2日制と完全週休2日制の違い

 

介護士の中には、転職時に休みの条件を優先して転職先を探す人もいます。その中でも、「週休2日制」というものは、多くの人が求める条件です。

 

そして、ハローワークや求人サイトには「週休2日制」と「完全週休2日制」の2つがあります。これらの言葉は、一見すると同じ条件のように見えますが、実際には大きく異なります。多くの介護士が考えている「週休2日制」とは、実際は「完全週休2日制」です。

 

この2つの違いを理解せずに転職してしまうと、転職後にミスマッチが生じることにつながります。

 

そこで今回は、「介護士の求人情報における週休2日制と完全週休2日制の違い」について解説します。

 

週休2日制とは

介護士における求人情報の多くには、「週休2日制」という条件が載っています。そして、週休2日制と書いてあると、ほとんどの介護士は「週に2日間休むことができる」と考えます。

 

デイサービス(通所介護)やデイケア(通所リハ)、老人ホームといった介護事業所の多くは週に2日休みがあります。

 

しかし実際には、週休2日制という言葉の意味は違います。介護士の求人情報に載っている「週休2日制」は、「月に1回以上、週に2日休みがある」ということです。

 

例えば、第1週に2日休みがあったとします。そうなれば、「第2〜4週は休日が週1回でも問題ない」ということになります。つまり、求人情報に週休2日制と書いてあっても、必ず週に2日休めるわけではありません。週休2日制であれば、決められている週以外は1回しか休みがない可能性があります。

 

このように、介護士の求人情報に載っている週休2日制は、多くの人が考えている条件とは違うことを知っておいてください。

 

完全週休2日制とは

介護士の求人情報に載っている週休2日制は、多くの人が考えているものではありません。そして、ほとんどの人が思っている週休2日制は「完全週休2日制」です。

 

求人情報に載っている完全週休2日制は、「毎週2日間は休みがある」ということを意味しています。つまり、必ず週に2日は休日を取ることができます。介護士の多くは、こうした週休2日制と完全週休2日制の違いを正しく認識できていません。

 

ハローワークや求人サイトの情報を元に転職先を決める場合には、この2つを混合しないように注意しなければいけません。

 

また、完全週休2日制といっても、祝祭日を休日に含めるかどうかは経営者や雇用主次第になります。そして、祝祭日の扱い方によって休日数は大きく異なります。

 

例えば、祝祭日を休日に含むような職場だったとします。その場合、GW(ゴールデンウィーク)で1週間に4日も休みがあれば、完全週休2日制であっても、他の週の休みが代わりに無くなります。

 

その一方で、祝祭日を休日として扱わないような職場であれば、GWで週に4日休みがあっても、他の週も通常通り2日間休みを取ることができます。

 

さらに、完全週休2日制における休みの曜日も経営者や雇用主が決めます。そのため、一言で完全週休2日制といっても、土日が休みである職場もあれば、平日に2日
休みのところもあります。

 

そうしたことを避けるためにも、休日数に関する細かい情報については、事前にしっかり確認することが大切です。

 

完全週休2日制の求人を見つける方法

介護士が「毎週2日の休みが欲しい」と考えた場合、完全週休2日制の求人を探さなければいけません。そして、細かい情報はしっかりと調べた上で転職先を決めることが大切です。

 

週休2日制に、「完全」という文字が付いているかの違いだけですが、実際の条件は大きく異なります。そのため、ハローワークや求人サイトを利用して求人情報を探す場合には、「完全週休2日制」と書いてある求人を探すようにしましょう。

 

ただその上で、さらに転職後のミスマッチを減らすためには、介護士の転職サイトを活用することをお勧めします。

 

転職サイトに登録してアドバイザーを利用することで、間違うことなく完全週休2日制の求人を紹介してもらうことができます。また、祝祭日の扱いや休みの曜日などの細かい条件をアドバイザーに聞いて教えてもらえます。

 

このように、介護士が完全週休2日制の求人を見つけるためには、転職サイトへ登録するようにしましょう。そうすることで、あなたの希望に合った求人を効率的に手に入れることができるようになります。

 

今回述べたように、介護士の多くは週休2日制と完全週休2日制の違いを認識していません。そのため、まずはこれらの相違点を知ることが大切です。

 

さらに、介護士専門の転職サイトを活用することで、あなたの希望に合った求人を効率的に見つけることができるようになります。ぜひ転職サイトを上手く利用して、完全週休2日制の求人を手に入れるようにしてください。


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2〜3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。
おススメの転職サイトの特徴

派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト

サイトマップ
HOME 介護転職体験記 転職サイトの活用法 おススメ介護転職サイト