精神保健福祉士として働くメリット・デメリット

精神保健福祉士のメリット

 

資格があると働き

 

就職無理かなぁと思った人が就職できたり
先生が代わって見違えるようになった人を見ると やりがいを感じる

 

精神保健福祉士として悩みやすいこと

 

給料安い
男性一人では結構厳しい

 

認知度が低い
社会福祉士の方が優遇されやすい
社会福祉士が手当て付くのに精神保健福祉士は付かない

 

望めて20万前半

 

精神科の先生の方針に従うしかない 先生の許可がないと働けない医師の意見書
自分の意思を伝えられないばかりに医師に許可をもらえないこともある
病院との連携が難しかったり、
患者さんとの望みと先生の方針が合っていない場合に大変
本人が薬を飲みたくない
注射など
周りが注射を打って楽になった人
働きたい→医者が働かせない

 

地域活動支援センター
いろいろな年齢層の人がいる
高校や社会人デビューなどで挫折した人がいる
高齢者もいる
高齢者をみて
支援の方針が同僚などと合わない
とりあえず
自立支援法
身体と精神の人が混じってしまいトラブルになることがある

 

親御さんとの関わりで苦労することはある
発達障害やいじめなどがベースになって精神疾患が発症している
ただ、親には理解されない人がいる
障害があるからしょうがない という理由で社会的な指導をしない人もいる
そうではないんじゃないかな
法律があっていない
A型 B型
精神保健福祉士を取った

kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2〜3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。
おススメの転職サイトの特徴

派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト

サイトマップ
HOME 介護転職体験記 転職サイトの活用法 おススメ介護転職サイト