無資格・未経験で介護のパート・アルバイト求人の効率的な探し方

介護無資格未経験

 

パートやアルバイト求人の中には、無資格・未経験からでも働ける介護職求人がたくさんあります。介護業界は慢性人手不足のため「無資格で未経験の人であってもいいから人材が欲しい」という現場が多いのです。

 

ただ、無資格や未経験の状態でいきなり介護の仕事を行うことには不安を持つ人が少なくありません。また、たとえ無資格・未経験者でも募集しているといっても、資格を持ってない人には、働くことが大変である職場が存在することも事実です。

 

そのため、無資格・未経験で介護職のパート・アルバイトとして働く場合には、現状を理解した上で、正しい求人の探し方を知っておくことが重要になります。

 

そこで今回は、「無資格・未経験で介護のパート・アルバイト求人の効率的な探し方」について解説します。

 

無資格・未経験からの介護職

資格なしの状態から介護職として就職する場合には、まず「そもそも無資格で介護職として働くことができるのか?」という疑問を持つ人がほとんどです。確かに介護職というと、利用者さんの体に触れて介護を行うため、特別な資格や知識・技術が必要であるように感じます。

 

実際に、利用者さんの介護を適切に行うためには、介護に関する知識や技術が必要です。ただ、法律上は特別な資格を有していなくても、介護職として働くことができます。

 

もちろん、介護資格を持っていなければ、できない業務が存在することも事実です。例えば、訪問介護は「介護職員初任者研修」もしくは「介護福祉士」の資格を有している人でなければ行ってはいけません。

 

さらに、訪問介護のサービス提供責任者は、「実務者研修(旧ホームヘルパー1級)」もしくは介護福祉士の資格が必要です。また、介護福祉士の資格を持っていない人が、介護福祉士と名乗ることも法律に反します。

 

このように、無資格である介護職者には、できない仕事があることもあります。

 

ただそうはいっても、法律で定められていることさえ守れば、無資格の状態でも介護職として働くことは可能です。このことに関しては「無資格の介護職者ができること・できないことを徹底解説」で詳しく解説しているため、参考にしてください。

 

無資格・未経験者の介護パート・アルバイト事情

無資格でも介護職のパート・アルバイトとして働くことはできます。ただ、資格がない人の介護パート・アルバイトの現状については、十分に理解しておくことが大切です。特に、無資格者の時給や実際に働いている人の声、求人状況などは、無資格から介護職として働く上で必ず押さえておくべき情報だといえます。

 

無資格者の時給、給料

無資格の介護職における時給は、働く職場の種類によって異なります。また、同じ種類の施設であっても地域で大きく違うのが現状です。

 

当然ながら、東京や大阪といった都心部では時給が高く、熊本や宮崎などの地方では安い傾向にあります。具体的には、東京では無資格の介護職であっても、時給が1,000円を超すような求人はたくさんありますが、熊本では800〜900円が相場です。

 

以下に、厚生労働省が実施した「平成27年度介護従事者処遇状況等調査結果」を元に、無資格者の職場別における時給の違いを記します。

 

無資格者の介護士における非常勤の平均時給額

  平均年齢(歳) 平均勤続年数(年) 平均時給額(円/時間)
全体 45.4 5.3 1,113
介護老人福祉施設 45.7 4.7 1,161
介護老人保健施設(*対象者14人) 30.6 4.2 1,435
介護療養型医療施設(*対象者14人) 37.9 7.0 1,176
通所介護事業所 47.5 6.7 1,037
認知症対応型共同生活介護事業所(グループホーム) 44.8 3.5 1,100

*介護職員処遇改善加算1〜4の届出をしている事業所が対象

 

この調査における時給額は、経験者も含まれた値になっているため、実際の未経験者における時給よりも高いです。おおよそですが、無資格で未経験の介護パート・アルバイトの時給は、800〜1,000円だと考えておくと良いでしょう

 

実際の声

資格がない状態で介護職として働いている人はたくさんいます。それでは、無資格で介護職として働いている人は、実際に勤めてみてどのように感じているのでしょうか。

 

以下に、無資格・未経験で介護施設に勤めている人の声を記します。

 

無資格・未経験で介護職として働いている人の多くは、ある程度介護の現場を想像した上で就職しているようです。特に、介護の仕事における「きつい」「汚い」に関しては、予測通りだと感じている人がほとんどです。

 

例えば、「夜勤を任せられたり、休憩がほとんど取れなかったりするけど、これは想像通り」「おむつ交換や排泄介助などでのニオイは、思ったより気にならない」という人は多いです。

 

もちろん、無資格・未経験で介護職になった人の中には、想像以上に大変だと感じている人もいます。ただ、こうした「きつい」「汚い」に関しては、予測とのギャップが生じている人は少ないようです。

 

その一方で、介護職における「責任の重さ」を想像以上に感じている人は非常に多いです。

 

例えば「利用者さんの移乗介助を行うときに、転倒させないかが不安」「食事介助中に、誤嚥させないか心配」「夜勤中に急変が起こったときに上手く対応できるかが不安」といったことです。

 

介護の仕事は、医療ではないといっても、健康状態に何かしらの問題を抱えている利用者さんを対象としています。そのため、介護職者は常に利用者さんの安全を意識しておかなければいけないのです。

 

無資格・未経験で介護職になった人には、こうしたことに対して「想像していた以上に責任が重い」と感じている人がたくさんいます。

 

このように、無資格・未経験の人においては、「きつい」「汚い」に関しては予想通りだと思っている人がほとんどです。ただその一方で、想像以上の責任の重さにプレッシャーを感じている人が多いことを知っておく必要があります。

 

求人状況

無資格・未経験で介護職のパート・アルバイトとして働く場合には「そもそも無資格・未経験でも募集している求人はあるのか?」という心配をする人も多いはずです。しかし実際には、無資格・未経験でも募集している介護のパート・アルバイト求人はたくさん存在しています

 

例えば、無資格者の介護就職を支援している「かいご畑」であれば、「無資格・未経験」「派遣・パート」という条件で検索すると、全国で5000件を超える求人案件が見つかります。

 

また「きらケア」であれば、「未経験可」という条件で検索すると、4000件以上の求人が出てきます。さらに「カイゴジョブ」でも、「未経験」「パート・その他」という条件で3000件近い求人案件が扱われているのです。

 

既に述べたように、介護業界には慢性人手不足である職場が多く、無資格・未経験のパート・アルバイトであっても、とにかく働いてくれる人材を求めているところが少なくありません。

 

こうした現状から、無資格・未経験の介護職パート・アルバイトの求人は、想像以上に見つかりやすいのが現状です。

 

無資格・未経験者が介護職として働く注意点

ここまで述べたように、資格をもっておらず介護経験がない人であっても、パート・アルバイトの求人はたくさんあります。ただ、無資格・未経験者が介護職として働く際には、いくつか注意しなければいけないことがあります。

 

そこで以下に、無資格・未経験者が介護職として働く注意点を記します。

 

できることとできないことを理解する

既に述べたように、介護の仕事では「介護職がやってはいけない行為」や「介護職者でも有資格者しかできないこと」があります。無資格で介護職として働く場合には、こうしたことを十分に理解しておくことが大切です。

 

例えば、水銀血圧計による血圧測定や褥創の処置などは医療行為であるため、介護職者が行ってはいけません。また訪問介護の業務は、有資格者しか認められていません。

 

介護職として働く場合には、まずはこうした職域について把握してくことが重要です。

 

このこと関しては「無資格の介護職者ができること・できないことを徹底解説」で詳しく解説しているため、参考にしてください。

 

無資格だと難しい職場がある

訪問介護以外の現場であれば、資格をもっていなくても介護職として働くことは可能です。ただ、介護施設の中には、知識や技術がないと業務を行うことが厳しい職場も存在します。

 

例えば、特別養護老人ホーム(特養)は、要介護3以上の人を対象としている介護施設です。そのため、サービスの利用者は基本的に重度の人ばかりになります。そして、特にそうした介護度が高い人たちの介護を行う際には、さまざまな知識や技術が求められます。

 

具体的には、ベッドから車椅子への移乗時や入浴介助時には、高い介護技術が必要となります。もし、介護技術が未熟であれば、利用者さんに負担をかけるだけでなく、あなた自身の体にも大きな負荷がかかります。

 

また最悪の場合には、介護技術が未熟であったために、利用者さんを転倒させてしまう可能性もあるのです。

 

その他にも、皮膚が弱い利用者さんの介護を行う際には、皮膚が剥がれやすくなっているため、十分に注意しなければいけません。そうした知識を持たずに不用意に体に触れてしまうと、利用者さんに怪我をさせてしまうこともあります。

 

このように、無資格・未経験である人は、特に介護度が高い利用者さんを対象としている職場は、できる限り避けた方が無難だといえます。

 

就職後のミスマッチ

さらに、無資格・未経験である人のほとんどは介護業界について無知です。そのため、求人票の情報だけで就職先を選んでしまう人が少なくありません。

 

しかし、介護現場にはあなたが想像している以上に働くことが大変な職場も存在します。

 

例えば、無資格・未経験であるパート・アルバイトのスタッフに、いきなりおむつ交換や利用者さんの動作介助をさせる職場はたくさんあります。また、十分な指導もない状態で、無資格・未経験のパート・アルバイトの人に夜勤を任せるような職場も存在するのです。

 

あなたが求人票の情報だけで安易に就職先を決めてしまった場合には、こうした職場に就職してしまう可能性が高くなります。その結果、「想像していたのと違った」という「ミスマッチ」が生じるのです。

 

このように、無資格・未経験で介護業界に疎い人は、情報収集不足でミスマッチが起こりやすいことを理解しておいてください。

 

無資格・未経験者の介護パート・アルバイトにお勧めの職場

無資格・未経験で介護職のパート・アルバイト求人を探している人は、就職先の選択に注意することが重要です。既に述べたように、介護施設の中には無資格・未経験では実際に働くことが難しい職場も存在します。

 

そうした職場への就職を避けるためにも、逆に無資格・未経験でも問題なく働くことができる介護施設を理解しておくことが大切です。

 

そこで以下に、無資格・未経験者の介護パート・アルバイトにお勧めの職場について記します。

 

デイサービス・デイケア

デイサービスやデイケアには、介護度が低い利用者さんを対象としているところが多いです。特に「リハビリ特化型」や「運動機能特化型」というデイサービスやデイケアであれば、介護度が高い利用者さんはほとんどいません。

 

そうした職場では、専門的な知識や技術がなくても行うことができる業務が比較的多いです。

 

例えば、デイサービスやデイケアでは「レクリエーション」や「機械を使った運動の見守り」「送迎」「食事の準備」など、誰でも行えるような仕事が主な業務になります。

 

もちろん、デイサービスやデイケアにも、介護度が高い利用者さんを対象としているところも存在します。ただそうはいっても、デイサービスやデイケアは、無資格・未経験であっても働きやすい職場が多い傾向にあるのが実際です。

 

老人ホーム

老人ホームは、無資格・未経験者が介護職として働きやすい職場の一つです。ただ、一言で老人ホームといっても、さまざまな種類があります。例えば、老人ホームの種類としては、以下のような例が挙げられます。

 

・特別養護老人ホーム
・介護老人保健施設
・介護療養型医療施設
・ケアハウス
・養護老人ホーム
・グループホーム(認知症対応型共同生活介護)
・サービス付き高齢者向け住宅
・介護付き有料老人ホーム
・住宅型有料老人ホーム
・介護付き高齢者専用賃貸住宅

 

この中でも、ケアハウスと養護老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、介護度が低い人が対象となっている老人ホームです。

 

これらの老人ホームでは、「安否確認」や「緊急時の対応」「食事の準備」「生活援助(掃除や買い物など)」といったことが、介護職者の仕事になります。つまり、身体介護を行う必要がほとんどないということです。

 

そのため、こうした老人ホームであれば、特別な知識や技術がなくても負担なく働くことができます。

 

このように、ケアハウスと養護老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅も、無資格・未経験の人が就職する職場としてお勧めです。

 

無資格・未経験の介護パート・アルバイトを探す方法

無資格・未経験の人が、介護のパート・アルバイトとして働く場合には、ここまで述べたような注意点やお勧めの職場を元に求人を探すことで、良い職場が見つかりやすくなります。

 

ただ、先ほども述べたように、無資格・未経験である人のほとんどは、介護業界に関して疎いのが現状です。そのため、どれだけ注意して求人を探して就職してもミスマッチが起こりやすいのが実際です。

 

そうしたことを避けるためにも、無資格・未経験者がパート・アルバイトの求人を探す場合には「介護職専門の転職サイト」を活用することをお勧めします。

 

転職サイトは無料で利用でき、担当のアドバイザーが付くことで求人の探索・紹介や履歴書作成のアドバイスなど、就職・転職活動全般をサポートしてくれるサービスです。そして介護職の転職サイトには、無資格・未経験でパート・アルバイトとして働きたい人も対象にしている会社も存在します。

 

当然、転職サイトのアドバイザーは、介護業界に精通しているため、好条件かつ良質な求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

 

こうしたことから、無資格・未経験で介護のパート・アルバイト求人を探すときには、介護職専門の転職サイトを活用することをお勧めします。ただ、転職サイトの中でも、無資格者の就職支援を行っているのは「カイゴジョブ」「ミライユキャリア」「きらケア」の3つであるため、これら以外には登録しないように注意が必要です。

 

今回述べたように、無資格・未経験者を対象とした介護職のパート・アルバイト求人はたくさんあります。しかし、無資格で未経験の人が求人を就職する際には、注意すべき点がたくさんあります。

 

特に、介無資格・未経験である人はどうしても介護業界に疎いため、どれだけ慎重に就職先を選んでも、就職後のミスマッチが起こりやすいのが現状です。

 

そうした際には、介護職専門の転職サイトを活用することでミスマッチを防ぐことができます。無資格・未経験で介護のパート・アルバイト求人を探している人は、ぜひ転職サイトを活用して就職を成功させるようにしてください。

 

無資格・未経験から介護転職する人にお勧めの転職サイト


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2〜3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。
おススメの転職サイトの特徴

派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト

サイトマップ
HOME 介護転職体験記 転職サイトの活用法 おススメ介護転職サイト