資格なしで介護職へ転職する人に派遣をお勧めする理由

介護資格なし派遣

 

介護職として働く人の中には、資格なしの状態で転職・就職した人が少なくありません。ただ、そうした無資格・未経験で介護業界に入った人の多くは、短期間のうちに離職することになります。

 

ただでさえ離職率が高い介護業界の中で、資格なしで介護職となった人の離職率は、さらに高いのが現状です。

 

そうした原因の一つとして、転職後のミスマッチが挙げられます。介護業界は、有資格者や経験者であってもミスマッチが生じて、早期に離職・転職する人が多いです。そして、介護業界の事情をほとんど知らないような無資格・未経験者では、さらにミスマッチが起こる可能性が高くなるのです。

 

そのような事態を避けるためにも、資格なしの状態から介護職に転職する人は、働き方を工夫しなければいけません。

 

そこで、おススメするのが「派遣」です。派遣として働くことで、実際の現場で働きながら転職先を吟味することができます。そして、派遣先の職場が気に入ればそのまま就職すれば良いですし、もし気に入らなければ派遣期間終了後に違う職場を探せばいいのです。

 

このように派遣として働くことで、転職後に起こるミスマッチを避けることができます。

 

そこで今回は、「資格なしで介護職へ転職する人に派遣をお勧めする理由」について解説します。

 

資格なしの介護職事情

資格なしで介護職として働く場合には、まずは無資格者の介護職事情について理解しておくことが大切です。まずは、資格なしから介護職へ転職した人の現状を知ることで、あなたが転職した後の姿をイメージすることができます。

 

資格なしでも介護職として働くことはできる

資格なしで介護職になりたいと考えている人の多くは、最初に「無資格・未経験で介護職として働くことができるのか?」という疑問を持ちます。

 

結論から述べると、介護職は資格なしの状態でも問題なく働くことはできます。確かに、訪問介護員として仕事をするためには、「介護福祉士」や「介護職員初任者研修」といった介護資格が必要です。ただ、それ以外は、介護の有資格者と変わりなく働くことができます。

 

例えば、資格なしの状態であっても、病院やデイサービス、デイケア、有料老人ホームなど、さまざまな職場に勤めることができます。また、身体介護と生活援助のどちらも行うことは可能です。

 

このように、資格なしであっても介護職として働くことはできます。

 

資格なし介護職の給料事情

無資格・未経験であっても、介護職として働くことは可能です。ただ当然ながら、資格なしの人と介護資格を持っている人では、給料に差が生じます。以下に、無資格者と有資格者の収入の違いを記します。

資格名 資格なし 介護職員初任者研修 介護福祉士
月収(円) 253,550 267,410 297,320

*厚生労働省:平成27年度介護従事者処遇状況等調査結果(介護職員処遇改善加算1〜4の届出をしている事業所)

 

このように、資格なしの人と有資格者では、月収で数万円の違いが生じているのが現状です。

 

離職率が高い理由

介護業界は、他業界と比較して離職率が高いことで知られています。ただ、全産業の離職率平均が15パーセントであるのに対して、介護業界全体の離職率は16〜18パーセントと、大きな差はないのが実際です。

 

しかし介護業界では、離職率が30パーセントを越えるような職場が全体の20パーセント前後であることが明らかになっています。つまり、介護業界は、職場によって離職率の差が大きいということです。

 

そしてその中でも、資格なしの状態から介護職になった人の離職率は高い傾向にあります。これは、データが存在するわけではありませんが、私の経験や知人から話を聞いた中で、そうした傾向があることは明らかです。

 

資格なしで介護職となった人に短期間で離職する人が多い理由の一つとして、「転職後のミスマッチ」が挙げられます。つまり「実際に介護職として働いてみたら想像していたのと違った」という理由です。

 

具体的には「想像していたよりも仕事がハード」「思っていたより夜勤が大変」「想像以上に責任が重い」といったことから離職する人が多くいます。

 

介護資格を持っており介護業界の事情に詳しい人であれば、こうしたミスマッチは生じにくいです。ただ、無資格・未経験の人は想像と実際のギャップが大きいため、ミスマッチが起こり短期間で離職してしまうことになります。

 

このように、資格なしで介護職となった人の離職率が高いのは、事前の情報不足によるミスマッチが大きな原因だといえます。

 

ミスマッチを防ぐ方法

ただ、資格なしで介護職に転職した人でも、ミスマッチさえ避けることができれば、長く介護職として働くことができます。そして、無資格の状態で介護職になって長く介護業界で働いている人の中には、何らかの介護資格を取得してキャリアアップに成功している人も少なくないのです。

 

そのため、資格なしの状態から介護職へ転職する際には、ミスマッチを防ぐことが重要になります。そこで以下に、無資格で介護業界の事情に詳しくない人が、ミスマッチを防ぐ具体的な方法について記します。

 

徹底した情報収集

資格なしで介護職に転職・就職する人にミスマッチが起こる最大の理由は「情報収集不足」です。転職で失敗した人のほとんどは、事前のリサーチが足りなかったせいで、想像と現実にギャップが生じてしまいます。

 

そうした人の中には、ニュースや知人の話だけで介護業界のイメージを作ってしまっている人が少なくありません。

 

例えば、「テレビで資格なしの介護職として働いている人が楽しそうだった」「無資格で介護職になった知人に話を聞いてみたら、良さそうに感じた」といった理由で安易に介護業界へ転職する人もいます。

 

ただ、こうしたわずかな情報を元に介護業界へ転職することは危険です。テレビや知人からの情報は、介護業界の良い一面しか表していません。そのため、介護職への転職を考えている場合には、さらに徹底した情報収集を行う必要があるのです。

 

具体的には、インターネットを使って、介護業界の情報を集めることは有効です。インターネットとなると、情報の信頼性に不安があるかもしれません。しかし実際には、インターネットでは介護現場で働く人のリアルな声を見ることができます。

 

また、気になる介護施設があれば、実際に見学させてもらうことが大切です。

 

給料や休日数などの労働条件に関しては、求人情報からでも得ることができます。ただ、職場の雰囲気は実際に現場に行ってみないとわかりません。そのため、現場を見学させてもらうことは、情報収集をするための有効な手段です。

 

このように、転職後のミスマッチを防ぐためには、とにかく徹底した情報収集を行うことが重要になります。以上に挙げた方法以外にも、以下のような方法を実践することで有益な情報を得られる可能性があります。

 

・施設のホームページを見る
・電話をしてスタッフの応対態度を見る
・夜遅くまで施設の電気がついていないかを確認する(残業状況を確認する)

 

転職サイトを活用する

介護業界未経験で資格なしの人でも、徹底した情報収集を行うことで、転職後のミスマッチを防ぐこよは可能です。ただ、どれだけ頑張っても、介護業界とは無関係である人が集められる情報には限りがあります。

 

そうした際にお勧めであるのが「介護専門の転職サイト」を活用することです。

 

介護専門の転職サイトとは、無料で使える転職支援サービスであり、登録すると担当のアドバイザーが付いて転職活動全般を支援してくれます。転職サイトには、有資格者しか対象としていない会社もありますが、無資格・未経験からの介護転職をサポートしているサイトも存在します。

 

そして、転職サイトのアドバイザーは、長年介護業界で転職支援を行ってきた転職のプロです。そうした経験から、介護業界の事情にも詳しい人がほとんどです。

 

そのため、転職サイトを利用することで、アドバイザーから介護業界の事情について教えてもらうことができます。当然ながら、アドバイザーからは、あなた個人で調べたものよりも、広く深い情報を得ることができます。

 

例えば、「○○という施設は、何人か紹介したけど評判が良くない」「他のアドバイザーから、□□という施設は内部の人間関係が良くないと聞いている」「××という施設は、ワンマン経営で社員は大変らしい」といったような、普通に調査するだけでは知りえない情報を得られる可能性があるのです。

 

このように、転職サイトのアドバイザーを活用することは、転職後のミスマッチを防ぐ有効な方法だといえます。

 

紹介予定派遣として働く

また、実際に現場で働いてみて就職先を決めることができれば、さらにミスマッチが生じる可能性を低くすることができます。そして、「紹介予定派遣」を利用すれば、こうした就職先選びが可能となるのです。

 

紹介予定派遣とは、派遣の中でも「正社員として採用されることを前提に派遣社員として働く」という方法です。

 

具体的には、数ヶ月(最長6ヶ月)の派遣期間を経て、本人と施設側が話し合いで合意すれば、施設から直接雇用をされることになります。当然、施設側から直接雇用を断られることもありますし、あなた自身が断ることもできます

 

例えば、紹介予定派遣として6ヶ月間働いてみて、その職場が気に入れば正社員として雇用されることを希望すれば良いでしょう。また逆に、働いてみて「自分には合わない」と感じた場合には、派遣期間後は別の職場へ派遣してもらえば良いのです。

 

このように、紹介予定派遣を利用して実際の現場で働いてみることで、さらに転職後のミスマッチを防ぐことができます。

 

資格なしの介護転職におススメの派遣転職サイト

そして、無資格・未経験の人が紹介予定派遣を使って介護職への転職を行いたい場合には、派遣に特化した転職サイトを活用することをお勧めします。介護専門の転職サイトの中でも、「カイゴジョブ」「きらケア」「かいご畑」は、資格なしの介護転職をサポートしています。

 

ただ、この中でも派遣に特化しているのは「きらケア」です。

 

こうしたことから、資格なしの状態から紹介予定派遣によって「介護現場を経験した上で就職先を決めたい」と考えている人は、「きらケア」を活用するようにしましょう。そうすることで、無資格・未経験であっても、転職後のミスマッチを防ぐことができるようになります。

 

今回述べたように、資格なしの状態から介護職へ転職した場合、ミスマッチが生じやすく離職率が高くなる傾向にあります。そのため、無資格で介護職へ転職する際には、可能な限りミスマッチを防ぐことが大切です。

 

そして、転職後のミスマッチを最も確実に防ぐ方法は「紹介予定派遣」を使った転職だといえます。紹介予定派遣を活用すれば、実際に現場を経験した上で転職先を決めることができるのです。

 

また、紹介予定派遣として働く場合には、介護職の派遣に特化した「きらケア」への登録をお勧めします。きらケアを有効に活用すれば、スムーズに紹介予定派遣として働くことができ、あなたに合った就職先を見つけられるはずです。

 

ぜひきらケアを有効利用して、資格なしからの介護転職を成功させてください。

 


kaigotenshokusitenosagasikata


介護関連職者が転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

自分ひとりで求人の探索を行っても、数ある求人情報から自分に合った求人を見つけることは難しいです。また、どれだけ頑張っても2〜3社へのアプローチが限界です。さらに、給料面や休日などの労働条件を交渉することは現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、100社ほどの求人からあなたに最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

ただ、当然ながら転職サイトによって対応やサービス内容は異なります。例えば、電話だけの面接で済ませる会社があれば、必ず直接会って面接するところもあります。また、地方の求人に強い会社があれば、都心部の求人を多く抱えている会社もあります。

転職サイトを活用する際には、こうしたそれぞれの転職サイトの特徴を理解しておくことが大切です。以下のページで介護職者におススメの転職サイトにおける特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学んだ上で利用することで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


・管理人による転職体験記

kaigotenshoku

介護士として、私が実際に転職サイトを使って転職した経験について記しています。求人探索で苦労した経験や、面接で失敗したことから、転職の際に大切だと感じたことなどを詳細に述べています。
管理人による転職体験記

・転職サイトを有効活用する方法

tenshokusaitoyukoriyou

転職サイトを活用することは、転職で成功するために有効な手段です。ただ、転職サイトは使い方を間違えると、転職で失敗することにつながります。そのため、転職サイトの有効な活用方法を理解しておくことが大切です。
転職サイトを有効に活用する方法

・おススメの転職サイトの特徴と比較

osusumekaigotenshokusite

転職サイトを活用する際には、それぞれの転職サイトにおける特徴を理解した上で、あなた自身に適した転職サイトを利用することが大切です。介護職者に特化した転職サイトを比較・検討した上で、登録する転職サイトを決めましょう。
おススメの転職サイトの特徴

派遣の介護職求人を探す


・派遣として介護職で働く

hakentenshoku

介護職者が派遣として転職したい場合には、派遣に特化した転職サイトの活用をおススメします。派遣に特化した転職サイトに登録することで、多くの派遣求人を紹介してもらえるだけでなく、派遣ゆえに起こりやすいトラブルもスムーズに解消することができます。
派遣に特化した転職サイト

サイトマップ
HOME 介護転職体験記 転職サイトの活用法 おススメ介護転職サイト